« 2005年7月17日 - 2005年7月23日 | トップページ | 2005年7月31日 - 2005年8月6日 »

2005/07/30

環境考古学…勘違い?!

 木曜日の営業中、ラジオから環境考古学なる比較的新しい学問に携わる方の話が流れてくる。
 環境考古学? ん?! 以前、読んだことがあるぞ。
 そう、松井 章著『環境考古学への招待   ― 発掘からわかる食・トイレ・戦争 ―』(岩波新書刊)なる本をこの2月に読了し、感想文も書いていたのだった。
 が、話を聞いていると、どうも、話の内容というか着想が小生の知る(といっても、片鱗だけなのだが)松井 章氏とは違うような。
 で、話の内容より、一体、誰が話をしているのか、聴き手であるNHKのアナウンサー(アンカー?)によると、環境考古学の権威だというが…と、名前が出てくるのを待っていた。そのうち、ようやく聞けた。ヤスダさんとか。
 早速、ネット検索。安田喜憲著『環境考古学のすすめ』(丸善)が検索結果の上位に登場する。
「書籍内容」ということで、「東洋の自然観・世界観に立脚しながらユーラシア大陸の風土・歴史をグローバルな観点から論じた梅棹忠夫の「文明の生態史観序説」の生態史観に基づいて、文明や歴史をその舞台となる自然環境との関係を重視しながら研究する分野として、「環境考古学」を提唱した筆者が、地球環境と人類の危機の時代に、自然と人間が共存し、文明の発展を維持していくための新たな歴史像、文明像を創造するための歴史科学として「環境考古学」の重要性を熱く語る」とレビューにはある。
 本書は読んでいないのだが、まさに当夜はこういった話をされていたのだった。話のテーマは、「森の環境」である。
 当然ながら、松井 章氏の仕事やテーマとも重なる部分があるが、松井 章氏については上掲の感想文を参考願いたい。御本人の説明が載っている。

安田喜憲先生プロフィール - WEB講義 - 環境goo」を覗かせてもらうと、「1946年、三重県に生まれる。72年東北大学大学院理学研究科修士課程修了。広島大学総合科学科助手をへて、94年より国立日本文化研究センター教授に。専攻は地理学・環境考古学。環境考古学という新たな分野を、日本で最初に確立。主な著書に、「環境考古学事始」「森のこころと文明」「森林の荒廃と文明の盛衰」など多数」とある。
 松井氏も東北大学(大学院)の卒業だったようだが、安田氏も東北大学大学院を終了されている。
 ということは、どこかしらでお二人は関わりがあるのか、それとも、東北大学が杜の都・仙台にあるという土地柄が影響しているのか。

続きを読む "環境考古学…勘違い?!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/29

チョウよトンボよクジラよ

 日高 敏隆著の『動物と人間の世界認識』(筑摩書房)を昨日も車中で待機中などに読んでいたが、文中、興味深い記述に出会った。
 一つは、『万葉集』には、蝶(チョウ)は登場しない、というのである。
 あるいは、『万葉集』など古典に詳しい人には、そんなこと、常識だよ、ということかもしれないが、小生には初耳(あるいは、初めて耳に残った)の知識だった。
 ちょっと、唐突な話題だったかもしれない。
 人間の認識は、その時代においてのイリュージョン(環世界)の中に制約されており、「万葉集」の時代にあっても、チョウは現実には飛び交っていたし、目にもしていたはずなのに、意識には上らない、だから歌の世界にも取り込まれようがなかったというのである。
 つまり、「これは万葉集の人びとの世界の中に、チョウは存在していなかったからではないか」というわけである。
 念のために断っておくと、本書にも注記されているが、チョウは「万葉集」に、歌の説明の文章の中の言葉としては登場している。それも、中国の古典からの引用文に過ぎない。
 ちなみに、小生が折々覗くサイトである「たのしい万葉集」によると、『万葉集』には、獣(けもの)や魚(さかな)以外では、「蜻蛉(あきづ)」「 蟻(あり)」 「蚕(かいこ)」「 蝦(かはづ)」「亀(かめ)」「 蜘蛛(くも)」「 蟋蟀(こほろぎ)」「しじみ」「 蝉(セミ)」「はえ」「 ほたる」「 まつむし」などの昆虫や生き物等が登場するという。
「蝶(チョウ)」については、「蝶(ちょう)は春の花をより引き立たせる生き物だと思うのですが、万葉集には一首もありません。大伴家持(おおとものやかもち)の歌の説明に登場するだけなのです」とある。中国の典籍からの引用文(漢文)も上掲のサイトで読むことが出来る。
 要旨も示されているので、覗いてみてほしい。
 何故に「蝶(チョウ)」が「万葉集」には(説明文以外には)登場しなかったのか、歌に詠まれなかったのか、などと問うことは、頓珍漢な問いなのだろうか。昆虫の中でも「蜘蛛」や「蟻」より詠われていてよかったはずなのに。
 尚、本書『動物と人間の世界認識』によると、『古事記』にも「チョウ」は登場しないとか(小生は未確認)。

続きを読む "チョウよトンボよクジラよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/28

「夏の夢」は季語ではない

 ふと浮かんだ疑問なのだが、「春の夢」は春の季語だが、「夏の夢」とか「秋の夢」、「冬の夢」という季語はないこと。「春の夜の夢のごとし」(平家物語)という慣用的になった表現の賜物なのだろうか。
 それとも、夏には夢は似合わない? 夢を見るには、どこか朧な意識が必要ということなのだろうか。
 犬や猫は夢を見るのだろうか。愛犬家や愛猫家によると、見る! と言い張る。
 夢から覚めた瞬間、ワンちゃんは、ふと、ここは何処、私は誰、という表情をするというのだ、が。
 仮に動物たちも夢を見るとして、一体、どんな夢を見ているのだろう。
 こればっかりは、聞いても教えてくれない。
 そもそも、起きている間の世界でさえ、人間と動物、あるいは数知れない動物間にあっても、住む世界が違うのだから、何かよほど生き物に通底する<言葉>が存在しない限り、永遠に語り合われることはない。

 夏の夢見ても俳句になれもせず

 さて、今日は、動物それぞれに生きる世界の話。また、野暮に渡ります。

続きを読む "「夏の夢」は季語ではない"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/27

雲の峰(入道雲)…スペースシャトル

「雲の峰(入道雲)」は、夏7月の季語である。
三重歳時記 1979年」の「入道雲」によると、「雲の峰とは入道雲のことをさす。学術的には積乱雲であり、夏から秋にかけ、烈しい上昇気流の生じたときに出現する」という。
 夏というと、入道雲だし、雲の峰というと、芭蕉の「雲の峯幾つ崩て月の山」を思い浮かべる人も多いだろう。
水曜通信 牛乳は手を腰にあて雲の峰」を覗かせてもらうと、「雲の峰」を織り込んだ句が幾つも紹介されている(このサイトには、積乱雲の画像サイトも紹介されていた→「雲百科 積乱雲」)。
 その他、雲の峰の句というと、「航海やよるひるとなき雲の峰    高浜虚子」や「雲の峰静臥の口に飴ほそり   石田波郷」など。
 
 入道雲というと、夏休みという連想が働いてしまう。別に子供の頃とか学生時代しか入道雲を見たことがないわけではないが、育つに連れ、というか人間性が擦れていくに連れ、夏の空を遠く眺めるようなゆとりがなくなっていく。
 日々の生活に追われる。現実の七面倒臭いことに関心が奪われていく。
 かといって、子供の頃の自分がゆとりたっぷりだったわけではない。そのように回想されるなら、子供の頃の心や記憶が薄れてしまって、ある意味、熱湯の中にいた日々の熱さから遠ざかってしまったから、ただ懐かしさとセピアの薄膜に覆われてしまったからではないかと思ったりする。
 学校の宿題ができなくて、どうやって学校へ行こうかとか、試験の成績が悪くて、返却された赤点の答案用紙を
手に、途方に暮れていたとか、虐め(虐める側か虐められる側かは、それぞれだとして)の渦中にあるとか、とにもかくにも思い惑うことは多かったし、惑う心の振幅も極端だったりする。
 だからこそ、不意に遠くの青い空に何処までもモクモクと立ち昇る入道雲に、目の現れるような、救われるような、いや、ただただ単純素朴に感動してしまったのかもしれない。

 遠い空ただ眩しきは雲の峰

 が、さて、今日は、以下、例によって野暮な話に渡っていく。入道雲ならぬ宇宙ロケットの燃料の雲。

続きを読む "雲の峰(入道雲)…スペースシャトル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/26

飯饐る…校舎

 いつものように、【7月の季題(季語)一例】を眺めていたら、今日は何故か、「飯饐る」に目が行った。7月の季語は数多い。その中で、何故、この言葉に焦点が合ってしまったのか。
 まさか、表記の読みに自信がなかったから…? さもありなん。当てずっぽうに近い読み方だが、多分、こう読むだろうという感触はあった。
 でも、とりあえず、ネットで調べてみる。
 すると、この季語についての検索結果が異常に少ない。十数件なのである。これまでで最低。
 実際、見渡したところ、この季語(言葉)についての説明が見当たらない。
 とにかく、「飯饐る(めしすえる)」であることは確認できたが。
 さすがに、「現代俳壇の祖・高浜虚子の孫であり、俳誌「ホトトギス」の現主宰である」稲畑 汀子氏がこの季語に言及されていたが、「消極的にただ気息奄々と耐えるだけでなく、知恵を働かせて暑に耐える工夫をしてきたのです。「納涼」「端居」「打水」「風鈴」などの季題は、そのことをよく物語っています。これらは日本人の精神性と深く結びついた文化にまでなっています。食べ物にしても「冷奴」「あらひ」「水貝」などは、生活の知恵から、芸術の域にまで高められているのではないでしょうか。しかし一方では、「飯饐る」といったようなことにも、日本人は詩情を感じて季題としているのです」という一文の末尾で、「一方では、「飯饐る」といったようなことにも、日本人は詩情を感じて季題としているのです」とあるだけ。
 言葉そのものへの説明はない。ま、歳時記その他で調べれば済むわけなのだろう。

続きを読む "飯饐る…校舎"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/25

夏座敷…風

 いよいよ本格的な夏に突入である。東海や関西地方以南は、連日の猛暑だとか。
 そんな中、こと小生に付いては、扇風機という文明の利器に助けられつつ、読書と居眠り三昧の日が続く。
 表題の「夏座敷(なつざしき)」は、夏7月の季語であり、「襖や障子を外し、簾や風鈴などで涼しく装った座敷」のだという。
人間国宝四角く在(おは)す夏座敷    内田美紗」や「夏座敷布裁つときは娼婦めく    渡部陽子」、「はるかより這うて来る子や夏座敷    岸本尚毅」「夏座敷棺は怒濤を蓋ひたる    川崎展宏」「足音のひと現れず夏座敷    桂信子」などの句がネットでは散見された。
 現代では、マンション住まい、あるいは一戸建てでも、床下や天井、壁などから隙間風などが通り抜けることなどありえない。可能なら窓やドアを開放することもあるのだろうが、エアコンのお世話になっていて、夏座敷という言葉本来の意味からは遠ざかった風景があるばかりか。
 それでも、簾や風鈴、一輪挿しなどで涼しさを演出する心は忘れない人も多いのだろう。
 かく言う小生は、風流とは無縁の生活を何十年も送っている。なのに、季語随筆などと銘打って駄文を綴ってみたりして。
 以下、夏座敷という言葉の雰囲気とは大違いの駄文を今日も綴ってしまう、のだろう。
 ご用心のほどを。

続きを読む "夏座敷…風"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

麦茶…喫茶去

 ホームページの掲示板で「喫茶去(きっさこ)」という言葉を教えられた(11513など参照)。
 この暑さだから、冷えたウーロン茶など如何といったところから始まった話題は、土曜日に起きた地震を契機に<自然>とは何、どのように自然を理解すべきといった話にまで展開していった。その辺りの推移などは掲示板を御覧下さい。

 ところで、冷えたウーロン茶などを薦められたが、小生は何年か前から夏場でさえも、部屋の中ではお茶を電子レンジで温めて飲むようになっている。
 その以前は、夏場は、冷蔵庫で冷やしたペットボトルのお茶をコップに移して、あるいは直接ボトルから飲んだりして遣り過ごすのが通例だった。勿論、お茶以外の冷たい飲み物もガブガブと。
 そうして秋口になった頃だろうか、ふと、お茶を温めて呑みたいという欲求が生じ、早速、電子レンジでチンして熱くなった番茶を備前焼の湯呑み茶碗で飲んでみた。
 すると、胃の腑がホッと溜め息をつくのが分かるようだった。
 ああ、胃は、温かいお茶が欲しかったんだ…。待っていたんだ…。
 夏の暑さもピークが過ぎたから…だけとも思えなかった。
 そうだ、体がもう、冷たいものでは耐え切れないような体力にまで落ち込んでいる、とにかく温かなもので心も体も内部から暖めて欲しかったのだ、といったことを実感してしまった。
 その翌年からは、夏場など、冷蔵庫には、一応、黒酢のジュースなども常備はされているけれど、こちらはダイエットと気分転換のためのようなもので、在宅の際の普段の飲み物としては、温かいお茶と決まってしまった。
 もう、一年を通してホットなお茶で過ごす。冷たいお茶は外出の際に飲む。
 今ではすっかり、そんな風な飲み方・過ごし方になってしまった。

続きを読む "麦茶…喫茶去"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2005年7月17日 - 2005年7月23日 | トップページ | 2005年7月31日 - 2005年8月6日 »