« 2005年1月9日 - 2005年1月15日 | トップページ | 2005年1月23日 - 2005年1月29日 »

2005/01/22

月冴ゆる

 昨日、「寒月」の表題で書き綴ったにも関わらず、肝心の「寒月」に触れられじまいに終わった。誠に寒心に耐えない。
 そこで、今日は、「冬の月」という表題にし、「寒月」や月を巡る句の数々や季題を巡ってあれこれ随想を楽しもうと思った。
 が、危なかった。「冬の月」というタイトルは、先月の二日に早々と使ってしまっている。
 かといって、他に月に関する季語・季題が見つからない。初日の出があるくらいだから、初月の出などがあってもよさそうだが、ない。考えてみたら、初日の出の神々しさ、荘厳さに比べると月の輝きは見劣りする……なんて言い草などはもってのほかで、大晦日が晴れていたら、その夜が新月だったりしなければ、冬の空高く月が照っている。いよいよ刻限も日替わり、月替わり、年替わりの時が迫っている。
 で、変わった。新年だと思っても、お月さんは、あーい変わらず、天頂付近でニコニコか、厳めしくかは分からないが、恐らくはどう映るかは観る人の気分次第なのだろうが、とにかく、悠然と(漫然と)照り映えている。
 どうにも、初月の出と、事々しくは呼べない。あまりにわざとらしい。
 それでは、元旦の夜に改めて…とも思うが、その頃にはお屠蘇がたっぷり、お腹はお餅でふっくらで、月光を愛でるというより、ゲップが出る…で、どうにも、締まりがない。
 風流を愛でるというのは、これでもなかなか難しいものである。改めて、季語を見出し季節感を磨き上げてきた先人の偉業を天のお月様のごとく仰いで尊敬するばかりである。
 さて、本題に戻ろう。小生の場合、余談も本題も変わり映えしないが、そこはそれ、あれはあれである。
 一応、表題は、冬の月の類語ということで、「月冴ゆる」を選んだ。但し、冬の季語だとは思うが、一月の季語なのかどうかは定かではない。

続きを読む "月冴ゆる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/21

寒月

 東京(都心)はこの数日、晴れている。北海道や東北、北陸、関東でも山間の地は大雪の予報も出ている中、なんだか申し訳ないほど、穏やかな陽気だったりする。
 が、それも、夜ともなると、寒い! 夕方、用事があってちょっと外出してきたが、ジャケットは羽織っていったものの、ジッパーを締めないでいたので、セーターのお腹が一気に冷えてしまう。でも、面倒臭がりなので締めずに用事は済ませて帰る。部屋に入ったら慌てて電気ストーブのスイッチを捻った。
 晴れている夜、外に出ると、空に探すのは月。が、今日も仕事だった昨日も探す必要など、まるでなかった。ほぼ天頂近くに煌々と照っている。月齢からして満月にはあと数日といったところだが、明るさは満月に負けないほど。
[奇しくも小生には、ほぼ一年前のエッセイに「真冬の満月と霄壤の差と」がある。真冬の月は一入(ひとしお)の感興を呼び起こすのだね。(05/01/22 追記)]
 その月、あまりに位置が高いので、小生のようにバカみたいに空を見上げながら歩いたりせず、普通の視線だったら、逆に気付かないほどだったりする。
寒月」は一月の季語。一月の季語かどうかは分からないが、類語に「月氷る(つきこおる)」、「月冴ゆる(つきさゆる)」、「月凍つ(つきいつ)」や「冬の月」などがある。冬の季語だと思うが、1月の季語かどうかは分からない。
 今日の表題を選ぶに際し、はじめは、お医者さんとか医学とか、治療に関連する言葉を物色していた。

続きを読む "寒月"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/01/20

風花

 初金毘羅については、まだ語るべきことがあるが、また、来年(!)ということで、今日の表題は「風花」とする。
 この言葉、「ふうか」と読むのか「かざはな」と読むのか。
 手元の事典(NIPPONICA 2001)によると、「かざはな」であり、「雲の少ない晴天に舞う雪のこと。遠くの山岳方面が風雪となっているとき、その雪片が上空の風にのって、風下の晴れた山麓方面に飛んでくることがあり、群馬県などでよくみられる。」と説明されている。
 無論、選んだ以上は、1月の季語である。
 転記した説明にあるように群馬県などで見られる現象のようだが、だとしたら本当にこの風花の舞う現象に遭遇された方は、当地の方を除けば少ないということなのか。
 こうみえても(どう見えているんだろう?)小生は富山で生まれ育った。一応は雪国の端くれである。が、恥ずかしながら「風花」という現象を知らない。富山でも見ることがあるのだろうか。
 そもそも、何故に群馬県によく見られるというのだろう。
 あるサイト(群馬の方言ページ)を覗くと、風花は「はあて」と言い、「はあてが飛んできた」といったふうに使う。「群馬の西部で多い。ふっこし(吹越か?)も使われる」とか。
 上空から雪が降ってくるのではなく、降り積もっている雪が風に巻き上げられ、空中で舞う…。その激しい形なら、地吹雪ということになるのだろうか。あるいは、群馬県というと上州の空っ風が有名で風が強く吹く地なので、それが冬なれば、空が晴れていても、山のほうで積もった雪が強い風に吹き飛ばされ、麓のほうにまで雪の結晶のままに運ばれ、それが風花(かざはな)という現象になっているということなのだろうか。

続きを読む "風花"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/01/19

初金毘羅(続)

 本日の表題を「初金毘羅」としながら、寄り道のし過ぎで、肝心の表題には触れられなかった。
 要は、対馬の話題に触れたかったのだけれど、1月の季語の中で、海に関係する言葉はないかと探したら、「初金毘羅」が目に付いたのだった。その意味で、対馬の話題に終始してしまったのは(それでも、語るべきことは未だ多いのだが)、それはそれで目論見通りなのである。
 しかし、季語随筆日記と銘打っている以上は、多少は俳句などに話題を絡めたい。
 そもそも、金毘羅というのは、「金刀比羅宮は、古くから海上安全の神として全国的な信仰を集め、海の玄関口であった丸亀や多度津から琴平に続く道は、こんぴら街道として栄えました。」とあるように、海に関連する言葉である。
 ただ、小生の郷里・富山では(尤も、小生の狭い知見に過ぎないのだが)、金毘羅さんというのは、あまり馴染みがなかった。せいぜい、香川県民謡である「金毘羅船々(こんぴらふねふね)」という歌を、テレビなどで見聞きしたことが折々にあった程度だ。

続きを読む "初金毘羅(続)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初金毘羅

 表題の「初金比羅」というのは、1月の季語である。今日、これを選んだのは、ラジオで聞いた話が多少、耳に残っているからである。
 ラジオで伺うことが出来た話とは、対馬のこと、大きくは日本文化の源流に関わる話だった。

 昨夜というか、今日の未明というか、営業時間も残すところ二時間余りとなっていた。お客さんにもめぐり合えず、ぼんやりラジオを聞いてたら、対馬を巡る話(インタビュー形式)をしている。例によって聞きかじりだが、時間帯からして、どうやらNHKラジオ深夜便の「こころの時代」という番組らしい。
 試みにネットで番組の案内を見ると、テーマ(題名)は、「「くにざかいの島 対馬に生きて」出演:永留久恵(前対馬歴史民俗史料館研究員)」であり、内容は、「朝鮮半島との交流の要地である対馬に生まれ、その歴史風土を研究してきた永留さん。「対馬のことは永留さんに聞け」と、司馬遼太郎さん、上田正昭さん、金達寿さんらにも高く評価されてきた優れた郷土史家である。小中学校の教員、校長を歴任しながら研究を深めてきた永留さんが、これまでの歩みと成果、"ふるさと対馬"への思いを語る。」とのこと。
 小生は、ラジオではニュースと音楽番組しか基本的には聞かない。インタビューを含め、長めの話は聞かないことにしている。どうせ、お客さんが乗ってこられたらスイッチをオフにするか、ボリュームを下げるわけで、大概、話を中途半端にしか聞けない…、だったら、最初から聞かないほうがマシだ、というわけである。
 が、対馬のことは興味がある。歴史や考古学を巡る話のようでもある、上田正昭氏や司馬遼太郎氏らの名前が出てくる…となると、聞かないわけにはいかない。案内の中にある司馬遼太郎さん、上田正昭さん、金達寿さんらの諸著は、全てとはいかないが、それぞれに読み親しんできた。
 ただ、インタビューされている永留久恵氏のことは、全く初耳である。

続きを読む "初金毘羅"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/18

青木の実

 今日は「青木の実」を表題に選んだ。「季題【季語】紹介 【1月の季題(季語)一例】」の表を眺めていたら、何故か「青木の実」に目が止まった、ということしか理由はない。
 小生の郷里・富山にも雪が降っていたらしいが、日曜日には雨に変わり、積雪も十数センチにまで減ったという。
 雪の郷里。そうはいっても、我が家は富山市の市街地近くにあり、駅からも歩いて二十分も要しない。なのに、今も田圃は残っている。我が家の田圃も一昨年までは辛うじて残っていたが、とうとう稲作からは手を引き、田圃は一部を近所の方が畑に利用しているだけで、あとは荒れ放題だったりする。
 平野部の真ん中にあったりするので、積雪も、一昔前はともかく、今はせいぜい数十センチ、一メートルに達することは稀になっている。
 小生が大学生になり郷里を離れる頃までは、それでも雪は相当に降った。お正月というと、まず、間違いなく雪の風景で迎える。家の手伝いは何もしないボンクラな小生だったが、雪掻きだけは楽しかったというのか、雪の降り頻る日は、休日だったりすると、朝早く、食後、昼前、昼食後、昼下がり、夕方前、夕食後、夜半前と、とにかく意地みたいになって雪掻きをした。屋根の雪降ろしだけは、父の手伝いの形でなければさせてもらえなかったが。

続きを読む "青木の実"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/17

雪女郎

「雪女郎」は、1月の季語だという。雪に関連する言葉(女性? 存在? 噂? 伝説? 昔話?)なのだから、冬の季語であってもおかしくはないけれど、どうして、季語として使われるのだろう。
 試しに手元の事典(NIPPONICA 2001)で「雪女郎」を引いても出てこない。が、「雪女」だと登場し、「雪の夜に現れるという女性姿の妖怪。雪女郎、雪おんば、雪降り婆(ばば)などともいう」と、ある。以下、縷縷、説明されているが、事典では季語としての説明は全くされていない。
 別のサイトを覗くと、雪女郎(ゆきじょろう)の別名として「雪女 雪鬼 雪坊主」などとある。例句に、「雪女郎消えて畦木のあるばかり」(窪田竹舟)、「雪女入ってゆきし雪の堂」(前山久子)などが挙げられている。
 どうやら扱いは、雪女郎は雪女を含め、背景に伝説や謂れがいろいろあり、それらが一括して雪女郎の項に収められているらしい。
 雪女郎というのは、少なくとも男には床しいというか、怖いもの見たさというのか、気になる存在(?)であるようで、ネットでも句は少なからず見つかる。「みちのくの雪深ければ雪女郎」(山口青邨)など、この句の深い味わいは小生には分からず、浅薄な理解に止まっているのかもしれないが、とにかく、男の場合は雪女郎とか雪女というと、日も暮れ落ちてしまった山間(やまあい)の雪深い道なき道を降り頻る雪の中、歩くときなど、ふと、雪女が、なだらかというか、女の背中から腰にかけてのラインのように緩やかな曲線を描く降り積もった斜面の向こう側に、ふっと現れるのではという、妙な幻想を抱く。

続きを読む "雪女郎"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/16

薮入り

 今日は「薮入り」、今朝、車中でラジオを聞いていたら、そんな話題に接した。
「薮入り」と言う言葉は、知らないわけじゃない。が、その言葉の意味、風習にそんなに馴染みがあるわけではない。むしろ、ほとんど知らないと言ったほうがいい。
 せっかくなので、「薮入り」だけをキーワードにネット検索してみた。僅か、909件をヒット。
 とりあえず、言葉の意味を説明しているサイトを物色する。筆頭に現れたサイトには、「お正月とお盆の16日前後に奉公人が主家から休暇をもらい、実家に帰り、休息する日。 本来は、嫁や婿が実家に帰る日を言った。」とある(「
伝次郎のカレンダー」より)。
 上位には、「薮入り」という落語を紹介するサイトが居並ぶ。そういえば、中学か高校生の頃、テレビでこの落語を聞いた(見た)記憶が微かにある。
 先代三遊亭金馬の得意ネタだというが、誰の高座だったのか、定かではない。
 小生、少なくともそんな若い頃、落語を好んでテレビで視聴したわけではない。確か、父の好みだったと思う。教育テレビだったかで、下手すると未だ白黒の頃だったはずだが、漫画や歌番組に切り替えたい小生の募る欲求不満を他所に、NHKの「新日本紀行」や落語などを父は見る。
 小生は大人しいので、父に文句も言えず、不承不承ながらも、見る。とにかく、まだ、テレビが珍しいし、視聴できるのが嬉しい時代でもあった。漫画の本くらいはすぐ傍にあったはずだが、いつしか見入って(聴き入って)しまっている自分がいたものだ。

続きを読む "薮入り"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年1月9日 - 2005年1月15日 | トップページ | 2005年1月23日 - 2005年1月29日 »