« 2005年6月26日 - 2005年7月2日 | トップページ | 2005年7月10日 - 2005年7月16日 »

2005/07/09

水中花…酒中花…句作一周年

 昨年の七夕の直前、ひょんなことから手を染め始めた句作。気が付けば、早、一年となる。別窓に、句作を始めて間もない頃に書き下ろした「汗駄句仙柳徒然」と題した「句」についての小文を掲げる。
 句をひねることの苦労とか大変さを予感くらいはしていただろうけど、まだ、実感を伴っておらず、ともかく5・7・5の形式で句を作る楽しさに興奮しがちなのを自制している気味が読み取れたりする。ただの一年なのに、なんだか懐かしい。それにしても、控えめぶって、かなり壮大な夢というか野望も抱いていたりして、我ながら微笑ましい?!

 一年といっても、季語を多少なりとも勉強し始めてからだと、十ヶ月あまり。5・7・5の形式というか体裁を保つだけなら簡単だが、その形の中に一応は完結した表現世界を示すとなると、とてつもなく難しい。
 しかも、俳句や川柳は趣向を凝らしたりしてもいいけれど、何かの事柄や風景、情緒に触れたなら即興で作るのが鉄則だと思い込んでいる小生なので、尚のこと、瞬間芸としての句作は困難だったりする。
 その場の雰囲気や意気込みで一気に作る。だから多少は瑕疵があっても気にしない、というわけにはいかない。なんといっても、一応は、人様の目に触れる可能性があるのだ。
 よって、句を作るに際しては、日頃、日常においては別に俳句や川柳ということに拘らず、乏しい能力と関心の狭さの中の限界を究めるつもりで、とにかく研鑚する。
 その上で、誰かの詩や歌、俳句、川柳、あるいは自然の事象、風物に接したならば、その場において即興で作るように心掛けるわけである。
 つまり、日頃、力やエネルギー、素養を溜めておいて、機縁に触れたなら、一気に5・7・5の形に持っていく、ちうことだ。

 さて、表題の「水中花」は、夏七月の季語のようだ。
 意味合いとしては、「水に沈めると水中でぱっと開く造花」のようだが、何故に夏7月頃の季語扱いとされるのだろうか。別名、「酒中花」とも。

「酒中花」については、「御酒の雑話(5) 酒中花(2)」に山東京伝の一文への山中共古の注、さらにこの注への三村竹清の注ということで、以下のような記述が見つかる:

「此酒中花といふもの、水へ浮ばせると開くものか。他のものかとも思われど、とにかく水中にて開くもの、寛政以前よりありしゆへ、かく名附けしものあるかと思へば、覚(おぼえ)の為に記し置く。此(この)女、水中に浮びし水中花を、かんざしにて動かせしのが、つきて居しをいへるなり。」  さらにこれを、三村竹清が注して、「水中花とい名にて、此間、茅場町の薬師にて売るを見たり。」 としています。(「砂払」 山中共古) 明治になっても酒中花はあったようです。

 さらに、「御酒の雑話(2) 酒中花」には以下の記述が見つかる:

あんどんの灯は昔は普通、菜の花の油に山吹の茎の芯を浸してその先に火をつけましたが、その山吹などの髄芯を使った酒興の一つがあります。山吹などの茎の髄を花や鳥の形に作って押し縮めておきます。これを、盃に入れておいて酒を注ぐと、酒を吸って開くという趣向です。遊び心をたっぷり持った江戸人の考えそうなことですが、今私たちが粋がって行うほとんどのことは、100年以上前にすでに行われていたといって良いように思われます。

 ネット検索していると、「ひとつ咲く酒中花はわが恋椿   石田波郷」なんて句も見つかった。
 どうやら、「酒中花」は「水中花」の原形と見なせそうである。江戸の世では酒の場の趣向であり、まさに酒肴だったのが、明治となり、世が移り変わるにつれ、風情が薄れ、水臭くなっていったということか(若干、想像が過ぎるかな)。

 さらにネット検索してみたら、「日日光進」にて、俳句新人賞を受賞された照井翠さんの「水中花ときどき水を替える恋」に寄せるコメントの形で、以下の記述を見つけた:

江戸期に活躍の西鶴は「桜をある時酒中花にしかけて」と書き、その挿絵の説明として「長さき酒中花つくり花からくり」と記す。つくり花は造花、そのからくり仕掛けを酒中花とよんだ。中国から長崎に渡来したものらしい。水のほか造花を酒杯に浮かべ酒席を楽しんだ。石田波郷は「水中花培ふごとく水を替ふ」と詠む。  1962~ 岩手県生まれ。「寒雷」同人。by村上護。

 こういった「酒中花」の趣向や遊び心を思うと、どうにも「水中花」は、水っぽく感じられるのも無理はないのかもしれない。
 それでも、小生が初めて「水中花」を知ったのは、無粋ながら、言うまでもなく(?)、女優の松坂慶子さんが歌ってヒットした歌「愛の水中花」によってだったということもあって、思い入れも一入(ひとしお)なのである。
 彼女、今も美人だし、体型を維持されているが、デヴュー当時の美人さには惚れ惚れ、メロメロ。

 どうも、肝心の話が進まない。「水中花」が季語なのは歴史的背景も先人が句に詠み込まれてきたことからも分かるのだけど、何故に夏の季語なのかが分からない。「酒中花」は冬の遊びとして似合いそうだが、あるいは夏の夜の暑さ凌ぎのための趣向だったのか。その名残が「水中花」に余韻として残っているということか。
 それとも、単純に夏の日に水中花を飾ったり見たりしたら、涼しげだという単純な、すぐに浮かぶ理由に素直に従っておけばいいということなのか。
 それにしても、「酒中花」だと、桜など生きた花(花びら)を浮かべたりするらしいが(ここから考えると、夏に限定するのは難しい気がするのだが…)、「水中花」となると、「水に沈めると水中でぱっと開く造花」というのでは、なんとなく興醒めのような気がする。

 ネットでは、「いきいきと死んでゐるなり水中花   櫂未知子」が見つかったりする(「ikkubak 2002年6月7日」にて)。この句に寄せる評釈も面白いが、この句の場合は、水中にある花は、造花ではなく、もとは生きた生の花(花びら)だったことが含意されているのだろうか。よく理解できない。

 話の脈絡からは離れるが、ネットで「水中花と言つて夏の夜店に子供達のために賣る品がある」という印象的な冒頭から始まる、「伊東静雄『反響』-「夏花」水中花」という小文と詩を見つけたので、ここにメモしておく。

続きを読む "水中花…酒中花…句作一周年"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/08

ヒースの丘

「エリカ」という花がある。英名は、「ヒース」。その花言葉は、「博愛、柔軟、孤独、寂莫、不和」だとか。
 まさにこの花言葉はイギリス(といっても、その一部かもしれないが)にピッタリ(?)なのかもしれない。
(何故、ピッタリと思うか、その訳はあとで説明する。)

雑学花言葉」の「雑学花言葉「え」」によると、「英名をヒース(Heath)、独名をハイデ。 「嵐ヶ丘」に描かれたようにスコットランドに多い。「HEATH」の語源は「荒野(独語)」 花材には寒咲きエリカ(蛇の目エリカ(=E・カナリクラタ))が使われる」とか。
 小生は、「エリカ」というと、我が西田佐知子の「エリカの花散るとき」(作詞:水木かおる/作曲:藤原秀行)をまず、思い浮かべる。とはいっても、彼女が現役で歌ってくれていたとき、エリカの花がどんなふうだったのか、まるで分かっていなかったと思う(その後も、ずっと)。
 イギリスのスコットランドに咲くヒースとはどんな花なのだろう。これ?→
エリカ、カルーナ」の「歴史と役割」という頁を覗くと、画像こそ見出せないものの、「歴史」の項に以下のような記述がある:

 エリカやカルーナはヨーロッパ原野に普通に見られ。特にイギリス、スコットランドでは、ヒースランドと呼ばれる広大な荒れ地一面に生い茂り、人々のゆくてを、阻みつづけてきました。エリカやカルーナはは古来より屋根を葺いたり、ベッドの代用となったり、根をパイプの原料にしたり、あのスコッチウイスキーの原料になったりと、人々とのかかわりが非常に強い植物とされてきました。

 エリカという言葉はローマ文明時、当時のギリシャ哲学者が、「後世にエリカという植物を植える時が来るだろう」と言及したという記述があるそうです。その時にはエリカ(Erica) はギリシャ語のerelkoとして使われました。そして1753年に「植物の種」でリンネ(スウェーデンの植物学者)は、アフリカ原産のエリカ23種を記録しています。そして、1802年に今まで同じ属とされていたエリカ属とカルーナ属が、初めて分離されました。

 いずれにしても、スコッチウイスキーや梱包資材、家屋、はちみつ、薬と、イギリス(スコットランド)とは切っても切り離せない密接で身近な植物であるようだ。

続きを読む "ヒースの丘"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/07

水の綾…句作一周年

 あるサイトで、「連歌」の形式に拘るということではなく、気軽に「短い詩」の連なりを、ということで一緒に楽しもうという誘いがあった。時折、小生も気侭に誘いに乗ってみることがある。今回のテーマは、「」とあった。
「水」がテーマ。
 最初の歌なので、慣行からして俳句や川柳よりも短歌が相応しいような気がする。けれど、俳句も川柳も覚束ない小生だが、短歌(和歌)も全く経験がない。
 なのに、「」をテーマに、どんな短歌…たとえ短歌モドキであったとしても…を作ったらいいのか、皆目、見当が付かない。
 あるキーワードをネット検索の窓に放り込んでみたら、検索結果の中に「水の綾」という言葉を発見。ありそうな、ありがちな、でも、小生には初見の言葉。季語なのか。季語に「水の綾」なんてあったっけ?

 とりあえず、「水の綾」を説明してくれるサイトを覗いてみる。それは、「珈琲とリスニングルームのバッハ」なるサイトの「水のことのは Ⅲ」の「潤すの章」という頁である。
季語 8   水の綾(みずのあや)」として、「静まりかえった水面が風などでると、小さな水のひだが生まれるのを水の綾と言う。魚の浮沈や蛙の出入りなど、水はなにものも受け入れて、笑顔のように波紋で答える
 確かにここには季語として表に載せられ、説明が施されているのだが…。
 ただ、「季節のことのは・季語」という表の、「水のことのは   水の章」なので、日本の伝統に由来する言葉ではあっても、季語とは限らないような感もある…。

続きを読む "水の綾…句作一周年"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/07/06

牛込パレード(2)

05牛込パレードへ(2)」へ引っ越しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

ハンモック…ロッキングチェアー

 うかうかしている間に七月である。小生の感覚では、えっ、いつの間に七月になったの、七月ってことは、一年の半分は過ぎ去ったってことか、月日の過ぎ去るのが早すぎるよー、というところか。
 そういえば、七月の一日(ついたち)は仕事だった。で、その日、我がタクシーに乗っていただいた方と、信号待ちしている間に、なんとなくお喋りに。
「えっと、今日は一日だよね。」
「えっ、ええ、そうです。今日から七月です。」
「……。」
「早いものですね、もう、一年の半分が過ぎてしまいましたよ。」
「うん、そうだね。でもね、歳月の経過が早く感じられるってのは、幸せな証拠だよ。」
「えっ、そうなんですか。」
「うん。だってね。不幸な人とか、ほら、病院に入っている人とかは、時間の経つのが凄く遅く感じられるじゃない。その点、健康な人、苦労してない人は、日々が単調だし、なんとなく過ぎ去っていくんだよ。」
「なるほど、そうですね。」タクシーの運転手は、お客さんのおっしゃることは基本的に、はい、そうですね、の世界である。政治のこと、宗教のことは、一般論でお茶を濁す、何か特定の事柄で自分と意見が違っていても、まずは、その通りですね、と受け止める。
 どっちにしたって、何事にも、いろんな見方・考え方がありえるのだ。違う見解が示されて、とりあえず頷いてみせたからと言ったって、何も、こちらもその意見に同調したわけでも、同調しなければならないわけでもない。
 とにかく、車内でのお話は社会勉強の一部、貴重な機会なのだ。
 そのうちに信号が変わり、お客さんは携帯電話で何事かお喋りされている。その間は、運転手は右の耳から左の耳への通じをよくしておく。聴いているけど、聴いてない。

続きを読む "ハンモック…ロッキングチェアー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/04

牛込パレードへ

05牛込パレードへ」に引っ越しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/03

紫陽花のこと…七変化

 紫陽花については、この季語随筆でも、「シーパラダイスで紫陽花」(May 29, 2005)や「季語随筆拾遺…紫陽花と雛罌粟」(2005.05.30)などで多少のことは書いている。
 なのに、ここに蛇足となりかねない文章を書くのは、何も、空梅雨(ヒデリ梅雨)が、地域によっては降り過ぎるほどの雨に困惑し、東京についてはシトシト降る雨で紫陽花がその色彩を潤いのあるものにしている…から、というわけではない。
 実は、あるいは人によっては常識なのかもしれないが、小生にとっては初耳の紫陽花についての知識を昨日、ラジオで聞きかじったので、ちょっとメモしておきたくなったからである。
 といっても、「紫陽花」の別称として「七変化」という名称がある、それは雨の降り方などによって花の色合いが微妙に変化するからだ(あるいは、本当は「七変化」と言う場合は、違う花の別称なのだけれど、という留保のコメントも付せられていた)、云々という話が耳に残ったあとは、頭に全く続く話が残らなくなってしまった。
 仕事中(運転中)ということもあり、「紫陽花 七変化」を頭の中に繰り返させているのに懸命だったりしたからである。

続きを読む "紫陽花のこと…七変化"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年6月26日 - 2005年7月2日 | トップページ | 2005年7月10日 - 2005年7月16日 »