« 2005年2月27日 - 2005年3月5日 | トップページ | 2005年3月13日 - 2005年3月19日 »

2005/03/12

雪の果(ゆきのはて)

 今日の表題を選ぶのも迷ったり困ったりした。ある本を読んでの感想文を書こうという思惑(?)があって、そこへ繋げるには何がいいかとなると、なかなか適当な季語が見つからない。
 挙げ句、「春の光」にするか。重苦しかった冬が終わって春の光が差しかかってきて…というところから本のテーマに絡めて行こうかと思ったのだ。
 が、色の話に結び付けるということで、既に「春光」は使っている。では、どことなくユーモラスな感のある「山笑う」はどうかなどと物色しているうちに、「雪の果」が見つかった。ああ、これなら、なんとかなると即決。
 けれど、とんだ勘違いだった。
「雪の果」は、表題にあるように、「ゆきのはて」と読むのだ。小生は「ゆきのか」だと表記を見た時には勝手に決め付けていた。雪の中から顔を出す、何かの実、というのは、季節柄、まだ無理があるとしても、「果」に何かの植物の土の中からの芽生えなり命の萌しを象徴させているのではないかと、勝手に決め付けていたけれど、見当違いだったのである。
「雪の果」は、「ゆきのはて」と読むのであり、「[名残の雪忘れ雪]・・・春になって最後に降る雪をいう」とか。

続きを読む "雪の果(ゆきのはて)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/03/11

春の雨

 今日の東京は朝から雨が降っている。それも冷たい雨。もう少し気温が低ければ、氷雨、あるいは霙、さらには雪になっていたかもしれない。
 暦の上ではとっくに春なので、春の雨と呼ぶしかない。あの、「月さま雨が…」「春雨じゃ、濡れて参ろう」という時のどこか粋というか風流な雨ではないのだけど、とにかく本日の表題は「春の雨」にする。
「春の雨」は「春雨(はるさめ)」と表記されたりし、「春霖(しゅんりん)」という類義語があるようだ。「しとしとと降るのが春雨。長く降るのはしゅんりん」などと説明してあるが、今一つ、違いなどがよく分からない。
 語感からの印象に過ぎないが、小生の場合、「春の雨」というと、「水に輪をかく波なくば、けぶるとばかり思わせて降るとも見えじ春の雨」という情景を思い浮かべることになる。
 これは、文部省唱歌の「四季の雨」のうちの一番の歌詞である。ネット散策していて、「Humannet for elder」の中の「雨の季節との付き合い方」という頁で教えられたもの。

 そういえば、小生、既に、関連する季語で、「春時雨」を扱っている。このときは、焦点が「時雨(しぐれ)」に合わせてあるが、せっかくなので参考にしてみると面白いかも。
 ついでに言うと、「時雨ていく」と題した日記もある。

続きを読む "春の雨"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/10

春の川(はるのかわ)

 今日の表題を何にするか、迷った。
 今日、3月10日は、ひとそれぞれに銘記すべき何かがあるのだろうが、大きく日本ということになると、東京大空襲の話題を逸するわけにはいかない。季語随筆には、あまりに似つかわしくない題材だが、小生は季語ということで、花鳥風月のみを事とするようなつもりはないので、多少なりとも触れておきたい。
 が、さて、東京大空襲は、さすがに季語ではない。多くのことが語られ、書かれ、話題になってきたはずなのに、俳句の世界の対象ではない、ということなのだろうか。
 飛躍を承知で小生は敢えて「春の川」を選んだ。この季語は、春三月の季語である。「春雨や雪解水等で春の川は水嵩が増す。やがて落花を浮べ筏が始まる。」ということで、「春江(しゅんかう)」という類義語があるようだ。

続きを読む "春の川(はるのかわ)"

| | コメント (7) | トラックバック (5)

2005/03/09

春光・色の話

 今日の表題の「春光」は、お馴染みの「春の季語(自然編-種類順)」によれば、「光輝く春の日光。また風向や景色」を意味し、類義語に例えば、「春の色 春色 春景 春景色」があるという。
 表題を「春光」にしたのは、「色」のことを話題にしたかったからである。昨日、ラジオで色の話が出ていたが、仕事中でもあり、聞きかじりに終わった。記憶で鍵となる言葉をメモしておいたが、話の大半を忘失してしまった。
[ネットで調べたところ、小生が聴いた番組は、NHKラジオ第一の「気になることば」で、語り手は、梅津正樹(うめづまさき)さんだったようである。]
 但し、色の話といっても、色事という時の「色」ではない。それだったら世の大方の人のほうが詳しいに違いない。多分、恐らく、根拠はないが。
 そうではなく、信号機の信号の色、衣服の色、花の色である。
 いろいろ調べるため、「春の色 季語」をキーワードにネット検索してみた。まさか、「春の色」が季語ってことはないだろうな、と思いつつ。けど、予想に反して「春の色」も立派な春の季語なのだった。もう、季語の世界は小生の想像力などまるで及ばないほどに広い。手に負えないほどだ。
色(いろ) - 語源由来辞典」を参照させてもらう。
 すると、「色とは、光による視神経の刺激が脳の視覚中枢に伝えられて生ずる感覚。色相・明度・彩度の三属性によって表される。特に白や黒を除いていう場合もある。色彩。カラー。男女の情愛に関する物事」とある。
 今回は、生理学的な事柄は採り上げない。また、最後の「男女の情愛に関する物事」も、後日、機会があったらにする。

続きを読む "春光・色の話"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/08

啓蟄の春・二十四節気

 昨日辺りが、「二十四節気(にじゅうしせっき)」で言うと、「啓蟄」に相当するらしい。
 らしいというのも、情ない話だが、もとの暦や換算の都合もあって、一日くらいは前後するのだという。「国立国会図書館 「日本の暦」―暦の中のことば 二十四節気」の説明を参照させてもらうと、「二十四節気(にじゅうしせっき)は、今でも立春、春分、夏至など、季節を表す言葉として用いられています。1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたもので、「節(せつ)または節気(せっき)」と「気(中(ちゅう)または中気(ちゅうき)とも呼ばれる)」が交互にあります。」とか。
 いずれにしても、雨水(うすい)である「2月18日~3月4日」から、春分(しゅんぶん)である3月20日までの間、つまり「3月5日~3月19日」の間は、「啓蟄(けいちつ)」のようである(「PLANT A TREE PLANT LOVE - 二十四節気」参照)。

 ただ、気になるのは、上掲のサイト(「PLANT A TREE PLANT LOVE - 二十四節気」)などで、「日本には「何月何日というデシタルな暦とともに、「立春」とか「清明」「白露」などの美しい言葉で示される「二十四節気」という暦があります。 四季に恵まれたこの国では、「二十四節気」によって、自然の再生循環と季節の移ろいを身体全体で感じ、 自然との共生をしてきたのです。」といった説明があること。
 四季があること、季節の移ろいを感じてきたのだろうということ、などは小生として、否定はできないところだ(だからといって、肯定も素直には難しい)。
 実際、この「二十四節気」は、「農作業の目安として中国で作られたもので」、「もともとは古代中国の黄河流域の季節に基づいているために、日本に置き換えると多少ずれが感じられ」る点は、留意しておいていいのかもしれない(「JWA Home Page 二十四節気」を参照)。
 尚、二十四節気については、「こよみのページ」が詳しい。

続きを読む "啓蟄の春・二十四節気"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/07

東風吹かば

 短歌や俳句の世界では、「東風」と書いて「こち」と読むことは、小生も知っている。間違っても、「ひがしかぜ」とか「とんぷう」などとは読まない。そんな風に読むと、相撲好きなのか、麻雀好きなのかと思われかねない。
 誤解されたっていいようなものだけれど、少なくとも季語随筆を銘打っている以上は、「こち」と読んでおかないといけない。

2009_0213071003tonai0021

 さて、この言葉を教養のない小生も「こち」と読めるのは、なんといっても、菅原道真の御蔭である。
 言うまでもないが、以下の歌のことを念頭においている:

 東風吹かばにほひをこせよ梅の花
             主なしとて春を忘るな

 菅原道真は、今も、天神様などと呼ばれて一部の地域では信心の、あるいは、古来よりの風習の対象となっている。
 我が郷里富山でも、天神様信仰熱は今も、なかなかに盛んのようである。
 が、そこには、入り組んだ事情があったりして、ナイーブな思いではありえないようだ。

続きを読む "東風吹かば"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/03/06

蜃気楼・陽炎・泡(続)

 引き続き、「光と色と眼の雑学 No.098 2005年03月04日」から得られた知見をメモしていく。
 蜃気楼について、まず「冬の蜃気楼は逆に、海水で暖められた大気に、冷たい季節風が流れ込んで起こる現象で、冬なら何時でも起こる条件なのです」とある。この点は、特に付け加えることはない。
 問題は、春の蜃気楼についてである。「大気の温度差による密度の違う界面で屈折する現象で、富山湾の春は雪解け水で水温が下がり、陸地で温められた空気が、低水温の上空に吹き込むと起こります。」
 まさに、このメカニズムが問題で、これだと、「蜃気楼あるいは喜見城のこと」にも書いたように、雪解け水が海に注ぎ込む湾であれば、何処にでもありうることになる。富山湾は特に冷たい水の注ぐ量が多いということかと思うしかないわけだ。
 まあ、実際、富山は一級河川が多く、名水百選に富山県から四箇所も選ばれている。松川遊覧船などを目玉に、富山市の一部の方々など水の都を謳いたくてならないでいる、小生も含めて。

続きを読む "蜃気楼・陽炎・泡(続)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜃気楼・陽炎・泡

 小生が講読しているメルマガの一つに、「光と色と眼の雑学」がある。その「No.098 2005年03月04日」の回は、テーマが「蜃気楼」だった。いつも以上に関心を持って読んだ。
 蜃気楼というと、富山生まれの小生、富山は魚津市を連想してしまう。既に蜃気楼を扱った雑文も書いている。
 今回はそれを再掲し、「光と色と眼の雑学 No.098 2005年03月04日」から得た知識を付け加える形を取る。表題に「蜃気楼」の他に「陽炎」や「泡」があるが、あまり気になされないように。正直なところ、話がそこまで及ぶかどうか、予断を許さないのだ(自信がないのだ)。もし、「陽炎」や「泡」触れなかったら、表題こそが幻だったのだと理解されるのがいいだろう。

続きを読む "蜃気楼・陽炎・泡"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月27日 - 2005年3月5日 | トップページ | 2005年3月13日 - 2005年3月19日 »