« 「かんじき」からアイスマンを想う | トップページ | 黒曜石から古今東西を想う »

2005/12/17

鏡に向かいて化粧する

 この間、ちょっとした間違いを犯した。スーパーで買う商品の選択を間違えたのだ。
 小生は、タクシーの乗務員。洗車が付き物。
 といっても、ここでの清掃は、車内の話。
 運転中、車内の清掃には、多くの同僚のように、(使い古しの)タオルを湿らせて用意しておくのではなく、(予備のタオルは用意してあるが)ウェットティッシュを使っている。
 何処のメーカーのものでも良さそうだが、近所のスーパーには、「メンズビオレ 洗顔パワーシート」が置いてあるので、専らこのパワーシートなるウェットティッシュを愛用することになる。
 夏場など特にそうだが、必要に応じて一枚、パックから取り出して、顔や額や首筋を拭くこともあるが、主に車内の座席下やドアポケット、ダッシュボードの隅っこなど、狭い部分を吹くのに使う。

sion-luminarie

← 紫苑さんに戴いた神戸ルミナリエの画像です。最初は雨だったのが途中から雪に変わったとか。

 濡らしたタオルでも良さそうだけど、時間が経過するとなんとなくかび臭いような匂いがしてきそうで、小生は敬遠気味なのである。
 顔などを拭いたら爽快感が一瞬、味わえる。まして車内の隅っこなど埃の溜まりやすい部分などを拭けば、気分的にも清潔感が味わえるし、恐らくはお客さんにも少しは快適感を味わってもらえるはず。
 煙草を吸うお客さんが降りたあとは、すぐに窓を開けて換気(冬は暖房が、夏場はせっかくの冷房が一時的にふいになってしまうけれど、煙草臭さを消すためには仕方がない)、そして大概、足元や吸殻入れ周辺などが灰で汚れているので、ウェットティッシュで清掃する。
 とにかく、重宝なのである。数時間の営業を経過する頃には、さすがのパワーシートも汚れてくるし、湿り気がなくなってくる。
 そしたら、用意してあるビニールの袋に、吸殻などのゴミと一緒に仕舞い込み、さらにダッシュボードに納めてしまう。
 一日に数枚ほど使うだろうか。

 さて、失敗と言うのは、メンズビオレ 洗顔パワーシートを買うはずが、或る日、たまたま在庫が切れていて、仕方なく、パウダーシートを買ったのである。もち、女性用。
 男性用であれだけ爽快感が味わえるのだ、女性用ならさぞかしもっと快適だろうという目算というか目論見というか期待というかは、完全に当てが外れてしまった。
 そう、パウダーシートなのである!
 断っておくが、小生、車内で女性が化粧する気分を味わってみようとか、そんな魂胆があったわけではない。いくら不況で仕事が暇だとは言え、それはあんまりである(それに、本当にそんなことをしていたとしても秘密にするし)。
 小生、会社に出勤してきて、いつものように、普通の洗車では手の届きにくいシート下やドアポケットの内部、計器類の角などを男性用のパワーシートなるウェットティッシュと同じようなつもりで、パウダーシートをせっせと使って磨いていた。
 うーん、爽やか!

 朝礼などを終えて、いざ、車に乗り込んだら、車内のあちこちに白っぽい筋が浮いているではないか。
 なんだこりゃ! である。
 せっかく、隅々まで磨き上げたはずが、何故??
 しばらく考えて、ふと、その日、持参してきたウェットティッシュの袋の名称を確かめてみる。
 おお、パウダーシートと書いてある。
 小生、その時やっと、気付いたのだった。既に出庫して数時間を経過してだから、まあ、気付くのが遅すぎる。

 朝、パウダーシートを使った当初は、ウェットだからパウダー成分も濡れていて、透明なような気がした…、車内が薄暗いこともあり、あるいは少しは淡く白っぽさが滲んでいたかもしれないが、気付かなかった…、それが乾いて初めてパウダー成分が威力を発揮し出した、というわけである。

 慌てて車を何処かの公園脇に止め、持参(常備)している普通のティッシュペーパーで白っぽく筋になっている部分をせっせと拭き取る。なかなかすぐには拭い切れず、まるで埃だらけの車みたいで少々辛い状態。仕方なく、タオルを濡らして拭き掃除。

 こんな話題を出したのは、一昨日だったか、ラジオで化粧品の話をやっていたからだ。暇の徒然に、というわけではないが、お客さんと出会えない時間帯にラジオに聞き入っていたわけで、ついつい自分には無縁な話題にも耳がダンボになってしまう…のであった。

 話の内容は大半を忘れてしまった。最近の化粧品の優れた点とか、肌に直接、付けるものだから、安全性なども話題になっていたような気がする(定かではない。一応は仕事中だったし)。
 化粧品は、多くは女性が使われる。肌にも唇にも首筋にも、あるいは全身にも(?)惜しげもなく、フンダンに使われるようだ(もちろん、小生の推測に過ぎず、憶測だと言われたら、それまでである)。
 小生、程度にもよるが、素顔の女性もいいけれど、化粧している女性も好きである(相手にもよるが)。
 ただ、ついつい余計なお節介というのか、あんなに分厚く塗っていて大丈夫かいって思ってしまうことは、たまには(どの程度がたまには、なのか分からないが)あるような。
 唇に、濡れたような感じを演出するかのような口紅。その人に似合っていると、もう、ぞくぞく! である。
 女性自身も自分の口紅を舐めることはあるのだろうが(塗ったあと、唇をパフパフしているのは何故?)、男性たるもの、唇を奪ったりしてついつい心ならずも(かどうかも、分からないが)口紅を嘗め回してしまう。顔や首筋などを舐めるか口付けることもある(らしい)。
 つまり化粧品は口に入ってしまうものなのである。他人事ながら、安全性は大丈夫か、なんて心配してしまうわけである。
 最近は、一昨日だったかの話題にも出ていたが、パール材などの使われた化粧品も出回っているとか。
 話では、食べて大丈夫な素材を使っているということだったが。
 食べて大丈夫、だったら舐めるくらいだったら、どうってことないってことか。舐めるなどして確かめてみたいものである。

 余談だが、パウダーシートを使ったら、車内だって白っぽくなる。だったら、肌に塗ったら、さぞかしである。ついつい、自宅でこっそりパウダーシートを我が身に塗ってみようか、なんて誘惑に駆られたりして。
 でも、考えてみたら、近年の小生は肌白なので、これ以上、白くする必要がない、という結論が下ったのだった。

 季語随筆のサイトなので、多少は季語に関連した記述を試みておく。
 小生は、季語随筆にて「初化粧」(January 11, 2005)というテーマで雑感を綴っている。時折、この一文の中の一部のくだりが引用されるのをネットでも見かけることがある。
 以下、少しだけ、上記の頁から引用してみる:

 女性が初めて化粧する時、どんな気持ちを抱くのだろうか。自分が女であることを、化粧することを通じて自覚するのだろうか。ただの好奇心で、母親など家族のいない間に化粧台に向かって密かに化粧してみたり、祭りや七五三などの儀式の際に、親など保護者の手によって化粧が施されることもあるのだろう。  薄紅を引き、頬紅を差し、鼻筋を通らせ、眉毛の形や濃さ・長さそして曲線を按配する。項(うなじ)にもおしろいを塗ることで、後ろから眺められる自分を意識する。髪型や衣服、靴、アクセサリー、さらには化粧品などで多彩な可能性を探る。

 見る自分が見られる自分になる。見られる自分は多少なりとも演出が可能なのだということを知る。多くの男には場合によっては一生、観客であるしかない神秘の領域を探っていく。仮面を被る自分、仮面の裏の自分、仮面が自分である自分、引き剥がしえない仮面。自分が演出可能だといことは、つまりは、他人も演出している可能性が大だということの自覚。
 化粧と鏡。鏡の中の自分は自分である他にない。なのに、化粧を施していく過程で、時に見知らぬ自分に遭遇することさえあったりするのだろう。が、その他人の自分さえも自分の可能性のうちに含まれるのだとしたら、一体、自分とは何なのか。

 あるいは、以下のような記述:

 

 仮面は一枚とは限らない。無数の仮面。幾重にも塗り重ねられた自分。スッピンを演じる自分。素の自分を知るものは一体、誰なのか。鏡の中の不思議の神様だけが知っているのだろうか。
 男の子が化粧を意識するのは、物心付いてすぐよりも、やはり女性を意識し始める十歳過ぎの頃だろうか。家では化粧っ気のないお袋が、外出の際に化粧をする。着る物も、有り合わせではなく、明らかに他人を意識している。女を演出している。
 他人とは誰なのか。男…父親以外の誰かなのか。それとも、世間という抽象的な、しかし、時にえげつないほどに確かな現実なのか。
 あるいは、他の女を意識しているだけ?

 小生、このように仮面の現象学を暇の徒然にデッサンするのは大好きなのだ。

「初化粧」の関連語に「初鏡(はつかがみ)」がある。「新年に洗面を済ませてから初めて向かう鏡」ということで共に新年一月の季語のようだ。
「かんじき」同様、一月の季語を先取りして綴ってしまった。せっかちな小生なので、仕方がない。
 それにしても、一旦、化粧するということを覚えたなら、化粧しない自分というのは(少なくともアウトドアでは)考えられなくなるのではなかろうか。パフを塗りながら、心にも化粧することを覚えるのだろうか。そうした心理というのは、男性には永遠に謎の世界…。
 尤も、女性がする化粧なるものを男性もする世の中なのだ、案外と謎のベールの剥がれ落ちるのも呆気ないのかもしれない。この場合は、剥がれないほうが夢があるのだろうか。このほうが、解けない謎に思える。

|

« 「かんじき」からアイスマンを想う | トップページ | 黒曜石から古今東西を想う »

季語随筆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/7656745

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡に向かいて化粧する:

« 「かんじき」からアイスマンを想う | トップページ | 黒曜石から古今東西を想う »