« 2004年12月5日 - 2004年12月11日 | トップページ | 2004年12月19日 - 2004年12月25日 »

2004/12/18

冬の星

s-DSC01178

 掲げた写真は、木曜日の仕事も終わりに近付いた金曜日の未明、六時半近くの東京の夜明け間近の空。
 ブログの日記に掲げるに当たって、何か句を載せようと、いつもながら即興の句を練る。最初に浮かんだのは、「年は暮れ夜は明け行く冬の朝」という句。年は暮れていく、一方、夜は明けていく、その交差する面白味を狙った駄句である。
 ついで浮かんだのは、「灯火(ともしび)の夜明けの前の健気さよ」。夜明けの空の紺碧の色から淡い青、そして地上近くの朝焼けを予感させる茜色と変幻する、空が美しく映える瞬間の一つを写真では撮りたかった。だから、句も、そうした風情を表現したかったのだが、写真を見ると、それより、真ん中近辺の街灯の灯火がやけに目立つ。撮る際には邪魔だと思っていたのだけど。
 そうはいっても、厳然と電信柱からぶら下がる灯りが存在を主張しているのも事実。やがて、のぼり来る朝日に掻き消され、一定の明るさとなると、自然に消されていく。この写真の灯火の灯りは、消える瀬戸際の明るさということになるのか。
 さて、これが、例えば、昔ながらのオレンジ色の光を放つ白熱灯(白熱灯とは言いながら、光は橙色なのだが)だったら、もっと味わい深いのだが、今の街灯の多くは青白く光る水銀灯。
 小生、思うに、水銀灯の光は、何か寂しいし、冷たさをも感じさせる。コンビニの照明も今は、白。何か他人行儀な、よそよそしさの印象を強烈に放っているのでは。昔の照明がアナログなら、水銀灯はデジタル的。そんな印象を受けている人も多いのでは。
 前にもどこかで書いたのだが、街灯やコンビニの照明をもっとソフトに、できれば、昔ながらのオレンジ色の光に変えると、町の印象も随分と変わるのではないかと思う。
 余談が過ぎたが、ともかく写真では街灯が目立つので、「灯火の夜明けの前の健気さよ」としたが、何か、気に入らない。ちょっとだけ変えて、「灯火の夜明けの間際の健気さよ」にしてみた。変わり映えしないか。

続きを読む "冬の星"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/17

雑木林

 昨日の都心での営業で、冬の到来を初めて実感した。
 季語的にはとっくに冬入りしている。紅葉も始まっている。木枯らしなど、とっくに吹いている。
 でも、冬が来たという実感はなかった。今年は、特に(本当の)冬の到来が遅い。温暖化? ま、そんな大袈裟な話はさておいて、少なくとも昨日のポカポカだった日中までは、秋だよなー。せいぜい言っても晩秋だよなー、というのが実感。
 それが、そろそろ暮れ始めるかという頃から、北の風が吹き始め、都心にも木枯らしが吹き始めた。関東に限らないが日本の上空に寒気団が襲来しているからだとか。
 そして、夜。まさにこれこそ、木枯らしの本番だとばかりに、冷たい乾いた北の風が吹き、木立は揺れ、さすがに疎らになっていた葉桜の葉っぱも、吹き飛ばされ、裸の木となるのも時間の問題。
 東京の街路樹の中心である、イチョウ、コナラ、ケヤキなどが真っ黄色に変色して、強い風が吹くたびに、ドンドン千切られて空に舞い、地上に舞い散る。一旦は路上に臥した枯れ葉も、都会ではゆっくりすることは許されない。車が途切れることなく走っているからだ。タイヤが鳴り、ゴムが磨り減り、エンジンの低いが響く音に煽られ、路上の葉っぱたちは、さあ、もう一踊りだとばかりに舞い上げられて、さらに散在していく。

続きを読む "雑木林"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/16

影踏み

s-DSC01174

 表題を「影踏み」に決めたものの、この言葉が季語なのかどうか、小生は知らない。夜半になって、何か小説を書こうと思ったが、アイデアが何も思い浮かばない。そのうちに、何故か、この言葉だけが、ポツンと浮かんできた。そう、まるで見知らぬ海に、思いがけず浮いてきたブイのように。
 実は、夕方だったか、茶碗など洗っていた最中、ちょっとしたプロットというか、ドンデン返しのネタが浮かんだ。めったにないことである。大抵は、とりあえず、メモしておくのだが、洗い終わってからメモしようと思ったのが、間違いの元だった。
 さて、何か書こうとパソコンのモニターに向かったのだが、ついさっき、浮かんだばかりのアイデアが消え去っている。すっかり忘却の海に沈んでしまった。
 思い出そうとしても、ダメ。とにかく、何か、漫才系の小品のネタだったような気がするのだが、気がするばかりで、何も浮かばない。
 

続きを読む "影踏み"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/15

煤払い

 昨夜、車中でラジオをぼんやり聞いていて、何故か、「煤払い」の話題が耳に残った。
 年末が近付くと、テレビでも、あちこちの有名なお寺での「煤払い」の光景がニュースのネタに特段、ホットなものがない時には、放映されたりする。
 小生の気のせいなのか、今年は、そんな年中行儀的な、のんびりした話題を見聞きするのが少なくなっているような。奈良の小学生の事件(犯人側?からの再度のメール送信など)や親が子供を虐待死させた事件、放火されたと思われる量販店での3人の店員の責任感溢れる、が悲しい殉職となった事件、イラクへの自衛隊の派遣が、国会の承認や議論もなしに、閣議の承認だけで延長されてしまう…、しかも、そのことに対する大方の国民の無関心さ(きっと、無関心ではないのだろうが、国会や政府と国民とが、それどころか、政府と国会や国民とさえが、擦れ違い値切れて仕舞っていて、無力感を覚えているのではないか)、年金問題、定率減税の廃止の議論、近い将来の消費税の二桁へのアップ、重苦しい景気の足取り、とても、のんびりゆったりとは構えていられないという気分が多くの人にあるのかもしれない。
 マスコミも、そんな気分を敏感に察知して、思いっきりバラエティと飛ぶか、でなかったら、おどろおどろしい番組を並べ立てたりする。
 でも、まあ、ここでは、ちょっと時代錯誤かもしれないが、敢えて我々に身近ではないとしても、光景として馴染み深くもある風習を覗いてみたい。

続きを読む "煤払い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/14

ポインセチア

s-DSC01171

 掲げた写真は、画像にもあるが、セイタカアワダチソウ(背高泡立草)である。但し、花の盛りは10月で、ここに示した画像は今の惨状。10月18日のこの徒然日記「秋麗」に載せた写真と見比べて欲しい。変化の大きさが分かるだろう。
 けれど、この植物の名前「背高泡立草」というのは、背丈が2メートルにならんとする背の高さと、秋の終わりから冬にかけての、実が綿のような、まさしく泡のようなようすに見えることから、付けられたとか。
 この草、花粉が飛びそうで、実際、一時期は花粉症の原因植物として悪名を轟かせたこともあったようだ。実際には、濡れ衣だったのだが。

 さて、今日の表題は、ポインセチアにした。ホームページの画像掲示板にこの植物の画像を貰い、また、あるサイトでこのポインセチアが冬の季語でもあることを知ってもいたので、たまにはハイカラな表題を気取ってみようと思ったのである。

続きを読む "ポインセチア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/13

枯尾花

 今日の季語随筆のタイトルは何にするか…、外は冷たい雨が降っている。冬の雨…。
 あれ、確か、冬の雨って季語じゃなかったっけ。確かめてみたら、そうだった、12月の季語に間違いない。
 では、冬の雨を表題にするかと、この言葉についてネット検索したら、最初のところで、引っ掛かってしまった。あるサイトを覗いたら、そこに「枯尾花」という季語が使われているのを目にしてしまった。目に飛び込んできてしまったのだ。痛い! って、本当に枯尾花が目に飛び込んできたら、困る。
 そのサイトとは、「俳句レロレロ ★  AAKO & AYA's favorite things 」で、「蒼天に雲刷く如し枯尾花」なんていう句が載っていた。
 枯れ尾花を近所や都心などで、簡単には目にすることができない。先週だったか、タクシー稼業という仕事柄、お客様を台場や有明の辺りへお連れしたことがあるが、その時、何処かの空き地で萎れたような、薄くなった頭髪のようにも感じられるススキの原を見たような気がする(曖昧な言い方で申し訳ない。仕事中で、しっかり眺める余裕がなかったのです)。
 それなのに、枯れ尾花が気になるというのは、何も、時折、「俺は河原の枯れススキー♪ おなじお前も枯れススキー♪」と口ずさむことがあるからではない。これでは、あまりに、リアル過ぎる。我が事を髣髴と、させすぎる。

続きを読む "枯尾花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/12

火鉢

s-DSC01170

 今日の表題は、「寒椿」にするつもりだった。掲げた写真の花は、恐らくは寒椿だろう。だから、寒椿にちなむ雑文を徒然なるままに綴ってみよう。もう、ほとんどそのつもりでいた。
 が、悲しいかな、素養も教養も栄養も足りない小生のこと、今一つ、花の名前が「寒椿」でいいのかどうか、確信が持てない。さすがに山茶花だと称するほど、ひどい野暮天ではないのだが。
 従って、「寒椿」という言葉を織り込んだ句を、ひねれなかった。 
 というか、いざ、写真を見て、捻ろうとした瞬間、いいのか、このままで、もし、寒椿じゃなかったら、大恥だぞ、という囁きが胸の中に洩れ聞えてきたのである。天使の囁きか、それとも、ただの臆する気持ちの為せる業に過ぎないのか、それは分からない。
 よって、掲げた写真に句を付すに際しては、花に留める:

 吐く息を暖め返す夜の花

続きを読む "火鉢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月5日 - 2004年12月11日 | トップページ | 2004年12月19日 - 2004年12月25日 »