« 音という奇跡 | トップページ | 気随気侭 »

2004/10/28

秋の夜長は冷ややかに

 今日は、テレビ三昧の一日となった。まず、掲示板にある人のレスで書いた文を転記すると、
「(地震があったのは)今朝、10時40分ですね。小生、仕事が終わり帰宅したのが七時前。それから、御茶で一服し、日記(紙のほうの)をつけ、ネットを巡って、寝入ったのが九時前。
 普通なら、昼過ぎまで寝ているはずが、10時20分頃だったか、目が覚めた。何かの予感だったのだろうか。
 親子三人の乗った車、早く、救出されるといいのだけど。」
 そう、目覚めた直後に震度6弱の余震というには強烈な地震があったのである。
 その情報を眺めつつ、さすがに、徹夜仕事の明けに一時間あまりの睡眠では、持つはずもなく、昼過ぎ、再度寝入った。次に目が覚めたのは、二時半頃だったか。なんとなく胸騒ぎがしてテレビを付けると、崖崩れで埋まっていた車の中に母子三人が見つかり、しかも、三人とも生きているという情報が(あとで一部、誤報と分かる)。
 で、救助の模様を見ようと思ったら、既に男の子は奇跡的に多少の傷は負っているものの救助された直後のようだった。あとは、母親や女の子が救助されるのをテレビを見ながら、ずっと待っていた。
 が、やはり、合計三時間あまりの睡眠で体が持たず、夕方、ロッキングチェアーで居眠り。はっと、気がついて、テレビを見ると、母親は車の中から掘り出されていたが、悲しいことに病院に搬送された時点で既に死亡が確認された、どうやら、崖崩れの際、岩の直撃を受け、即死の状態だったという。
 さらに、女の子も、脈がないという情報が。話がまるで違う!
 合間合間に、日記を綴る。「音という奇跡(秘蹟)」というエッセイに近い日記。夜半には、「赤い糸」という掌編。ある人が描いた少女の絵がミステリアスな雰囲気が漂っていて、その絵を挿絵に使いたくて描いてみたのだが、当初の目論みは何処へやら、まるで違う、変てこな掌編になってしまった。
 某サイトに公表済みである。そのうちに、ホームページに掲載するだろう。
 今月、八個目、今年の通算で84個目の掌編を書き終えたのが夜中の一時過ぎ。テレビをつけたが、報道系の番組はなく、すぐに消す。で、今は、この日記を書いているというわけである。
 合間合間には、白川静の「中国の古代文学」や、ミハイル・バフチンの「ドストエフスキーの詩学」を齧り読み(大抵は、寝入る前の睡眠薬代わり)。
 それにしても、この頃は、日記が一つの仕事になっている。できるだけ、さらっと書きたいのだが、いざ、書き始めると、エッセイ風になってしまう。本来は、日記なのだから、メモとか記録をズラズラ書けばいいはずなのだが、ま、これも性分なのか。毎日、日記を書いている人は少なからずいると思うが、量的に多くを書いている人は少ないのではないかと思う(質的には、ま、こんなものである)。
 記録というと、川柳作品の羅列は、避けられない。新潟は長岡の惨状を知りつつ、こんな句作をするなんて、小生は、罰当たりな人間だ。迷惑だろうから、どこのサイトで句作したかは書かないでおく:

 熊よ熊 木の根っ子で 春を待つ
 大地震枯れ葉の落ちる山の里

 他所の家 背伸び覗いて 足攣った
 カウンター 回るの見てて 目が回り
 俳句はね 挨拶なのさ レス欲しい
 川柳はね 滑稽なのさ 笑ってね
 句作はね 即興なのさ 閃きさ
 雪便り 北の空から 舞い降りて
 秋の夜 車の暖で 更けていく

 北の空 祈りの声よ 届けてよ

 表題を、「秋の夜長は冷ややかに」としたのは、新潟の空を思ってのことである。秋の夜長、読書に行楽にスポーツにと、人それぞれに楽しみはあるはずなのである。が、あの惨状を思うと、冷ややかな気持ちのままに、胸苦しい夜を過ごすしかない。夜の長さが、時に憂くてならない。入院していた頃の夜々の長さを思い出してしまう。
 止まない雨はないように、明けない夜もない、なんて、奇麗事を言いたくない。ひたすらに、夢など貪りながら、今を淡々と遣り過すのも、今は仕方ないのかもしれない。

 ところで、「タクシーメーターの音」と題した日記(10月26日未明)の中で、「雲助」を扱った。念のため、事典で「雲助」の項を調べてみたので、以下、転記する:

 江戸時代に、宿駅、渡し場、街道筋を舞台に、荷物の運搬や、川渡し、駕籠(かご)かきなどを生業とした、住所不定の道中人足をいう。
 雲介、蜘蛛助とも書き、浮き雲のように住所が定まらないからなど、語源にはいくつかの説がある。近世に農民が助郷の夫役を代銭納するようになると、農民の労働力に依存できなくなった宿場では、専従の人足を必要とした。1686年(貞享3)幕府は廻状(かいじょう)で、出所の知れた浮浪人の日雇人足への採用を許可している。この宿場人足は、幕府の御定賃銭を問屋場(といやば)から支払われ、問屋場裏の人足部屋に起居し部屋頭(へやがしら)の支配を受け、部屋人足ともよばれた。道中筋でたかりや人殺しなどを行い、「ごまのはい」と同じく無宿の悪漢とされた雲助は、この宿場人足とはいちおう別の、個人の営業によるものである。荷物や駕籠を担いで道中を行くとき雲助が歌った唄を雲助唄という。<片岸博子>  
                          『NIPPONICA 2001』より

 こんにちにおいても、タクシードライバーが雲助などと呼ばれたり、まして、自称して、そう言うのは悲しい。
 でも、雲助に、もっと風流なニュアンスを篭めるというのも、一興だとは思う。自尊心を持って、名乗るのなら、それはそれでひとつの見識たりえるかもしれないし。
 それに、この雲助が蔑称として使われているという歴史的経緯を知らない人も増えているようだし。

 雲助よ 筋斗雲の如く 乗りたいね
 雲助や 浮き世の定め 胸に秘め
 雲助や 逸れ雲だよ 青空の
 雲助や 川の流れに 負けるなよ

|

« 音という奇跡 | トップページ | 気随気侭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

弥一さんおはようございます。

HP、訪れるたびにがんばっておられる弥一さんにいつも元気をいただいています。
この前は「釣瓶落としの季節」のところで「赤い実」の句をたくさんとても嬉しかったです!
ありがとうございました。
早くありがとうを言いたかったのに遅くなってしまいました。
 >赤い実や 夜寒の空に なに思う
 >赤い実や 夢を燃やして 夜に映え
 >木の実たち 寄り集って ぬくもって
 >木の実たち 燃え上がるほど 冬思う
 >木の実たち 赤く燃えるは 我が夢か
 >赤い実や 小鳥啄ばみ 冬近し

ところであれから、台風、地震と相次いで本当に被害に遭われた方々を思うと心が痛みます。
弥一さんのこの句
 「北の空 祈りの声よ 届けてよ」
同じ気持ちです。


投稿: マル | 2004/10/28 09:37

こちらではお久しぶりです。
新潟の土砂崩れの報道が錯そうしていましたね。一喜一憂の一日でした。二才の坊やはすごい!奇跡を現実のものにした救助隊の皆さんの活躍には頭が下がる思いです。余震の中必死の救助活動でした。

投稿: さくらえび | 2004/10/29 01:37

 マルさん、コメントをありがとう。
 新潟は、今も尚、厳しい現実が続いています。
 電気が通じたり、水道が使えるようになったり、仮設住宅の建設の計画が動き出したり、少しずつ改善へ向け、動いてはいる。
 このところ言われているのは、車での避難生活で、疲労などのあまり亡くなられる方が目立ってきていること。

 秋の夜 車の暖で 更けていく

 上掲の句は、車で暖を取りつつ、避難生活される方の様子を思ってのものですが、終日、車の中で暮らすことで、血流が滞ったりしがちらしい。
 小生も、タクシードライバーで、二十時間ほど、車中で過ごすので飛行機などにもあるというエコノミー症候群は他人事じゃないのです。
 せめて、余震が収まってくれることを祈りたいです。

 

投稿: 弥一 | 2004/10/29 19:39

 さくらえびさん、こちらの奥座敷に来るのも楽しいでしょ。
「秋麗」(18日)の冒頭に、さくらえびさんの今の表紙にも飾ってある植物の名、分かって嬉しいです。
 蓮華草さんやmichioさんが教えてくれたとか。
 アキノキリンソウ、別名、セイタカアワダチソウなのですね:
 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/sanyaso/san95.html
 秋を代表する山野草で、薬草でもあるとか。
 ただ、はっきりしないのは、セイタカアワダチソウとアワダチソウが違うらしいけど、その詳しい違い。

 アワダチソウ軒端に揺れて秋深し
 北の田を埋めているのかアキノキリンソウ

 

 

投稿: 弥一 | 2004/10/29 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/1792340

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長は冷ややかに:

« 音という奇跡 | トップページ | 気随気侭 »