« 茜空 | トップページ | 天高く…意気低く »

2004/09/15

汗顔の極み

s-DSC00910

 またまた今日も駄句のオンパレードとなった。いつまで続く、駄句の嵐よ、である。
 以下の句の数々は、いずれも、掲示板にレスとして書いたもの。経緯は、掲示板を御覧下さい。

 いいんです 楽しく美味しく いただけば
 赤トンボ 燃えて灰までの 恋心
 赤トンボ 身を粉にしても 夢叶え
 火のように 恋い焦がれての 紅い空
 熾き火より 埋み火のごと 恋う我か
(↓この句は、画像掲示板に、のり巻きさんから、胡蝶蘭の写真を戴いたので、その返礼に付したもの。胡蝶の逸話については、画像掲示板を参照のこと)
 夢うつつ 蝶の舞う空 見下ろして

 以下の句は、いずみさんサイトの掲示板に書き込んだもの。
 あまりの駄句ぶりに、汗顔に耐えないが恥を忍んで掲載しておく:
「珈琲館Good Day Web SITE」
 http://homepage2.nifty.com/good_day/

 鍵が無い! ないはずだよね 差したままじゃ
 傘が無い! ないはずだよね 差してるじゃん
 金が無い! ないはずだよね 稼いでない
 運が無い! ないはずだよね 運の尽き!
 品が無い! ないはずだよね ヒヒーン!(午年なもので)

 さて、一週間ぶりとなるが、メルマガを配信した。参考までに、目次だけ示しておく:

   目次:●1.鶏頭となるも
      ◎ 我がリベルダージのパレード情報
      ●2.小島英煕著『ルーヴル・美と権力の物語』
      ●[後欄無駄]:HP更新情報、ほか

 表題の中で、「鶏頭となるも」は、わりと楽しい駄文系かも。

 添付した写真は、今朝、仕事で朝帰りした際に、近所で撮らせてもらったもの。
 花の名前は分からないけど、ご婦人が毎朝、丹精篭めて世話されている。

 最後に、即席の句を一つ:

 夜明け前 木の葉までもが 夢の中

|

« 茜空 | トップページ | 天高く…意気低く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/1438892

この記事へのトラックバック一覧です: 汗顔の極み:

« 茜空 | トップページ | 天高く…意気低く »