« 小夜時雨 | トップページ | 燈火親し »

2004/09/25

日々是好日

s-DSC00943
日々是好日」は、どう読むか。
 答えはどうやら、「にちにちこれこうにち」のようである。小生は、恥ずかしながら、想像の付くように、「ひびこれこうじつ」と読んでいた。その正解を知って、日の浅い小生である。
「中国の唐未から五代にかけて活躍された大禅匠、雲門文偃(うんもんぶんえん)禅師の言葉」だとか。
 読み方において、誤解していた小生だが、語義の理解でも、勘違いしていた。意味合いは、「その日一日をただありのままに生きる、清々しい境地」を示すのだとか。
 小生はというと、言うまでもなく、「毎日いい日が続いてけっこうなことだ、などといった浅い意味」で理解していたのだった。
「その日一日をただありのままに生きる、清々しい境地」…、なかなかそうはいかない。そんな境地に達していないことは勿論だが、近い将来においても、到底、達する見込みもない。
 ただ、それでも、あれこれジタバタしてきた挙げ句の今の自分はというと、自分について高を括っている気配もないではない。別に悟りを得たというわけじゃなく、自分に対し、世の中に対しても、極端に失望もしないかわりに過剰な期待も抱かない。
 所詮は、一人一人の人間の集合なのだ。自分のような取り留めのない人ばかりではないのだろうけれど、立派で眩しい存在ばかりがいるわけでもない。自分ができることをコツコツ、やっていくしかない。できるのは、それだけだとは思っているだけなのである。

 ところで、24日の「小夜時雨」に掲げた花の名前を教えてくれた方がいる。日々草だとか。そう、単純明快な思考回路の持ち主である小生、そのあまりに素直な連想で、この「日々是好日」という表題を思いついたのだった。ここまで分かりやすい奴も、今時、少ないのではなかろうか、なんて。

 手元不如意で本を買えない小生、貰った本、拾った本、昔、買って読んだ本などを読んでいる。七月・八月は藤沢周平、ついで、池波正太郎だったが、今は、五島雄一郎著『死因を辿る』(講談社α文庫)を読んでいる。サブタイトルとして、「大作曲家の精神病理のカルテ」と付されている。
 多くの天才的作曲家が、存命当時において原因不明の神経や精神の病を抱えていて、一生、苦しみ通しだったことが分かる。無論、そうではない作曲家(天才)もいたのだろうが。病の亢進が創造力を萎えさせることがあるが(それだったら、分かりやすい)、時に、逆に病が憎悪した時に創造力が高まり、爆発的なばかりに作品を生み出す作曲家がいたりする。
 癲癇だったと言われるドストエフスキーのあの作品群。小生は、ドストエフスキーの全集は二揃え持っていて、両者ともに読破している。読み始めたら止まらなくなる、あの一つの世界をとことん、しかも、一気に駆け抜ける描写力は凄まじい。「罪と罰」は英語版も含め五度は読んだし、「カラマーゾフの兄弟」も四回は読んでいる。「白夜」という小品は、七回か八回か。
 ドストエフスキーなど、今時、読まれているのだろうか。もう、古臭い作家に過ぎず、図書館でも埃を被るだけになっているのだろうか。病と創造性、その神秘を最初に痛感させた作家がドストエフスキーだったような気がする。そしてやがて幾多の創造者が、それぞれの病(やまい)、あるいは居たたまれない精神の葛藤や焦慮に突き動かされていたことを知るのに、時間は掛からなかった。
 好きな作家の一人である、夏目漱石もそうだった。今、たまたま漱石門下の寺田寅彦の随筆集を読み始めたので、つい、漱石を思い出してしまった。彼についても、全集を二つも持っている。座右において、常に叱咤され励まされたりしている。
 自分などを偉人に引き比べるのは、野暮だし、おこがましいと思うのだけど、徹底して書くという営為を続けてくると、自分の中にも何か、駆り立てるものがあるのかと、顧みたくなったりもする。書くことは楽しいと思いつつも、年間掌編百篇なんて企てを自分に課してみると、無謀な試みに喘いでいる自分って、一体、何? と思わざるを得ないのだ。
 それでも、やるだけのことはやる。やってどうなるというものではないのだが、持続している間だけが自分なのだという感覚は、もう、病膏肓の域にあるのかなと思ってしまう。
 世界の豊穣さを自分なりに感じたい。その感じ方、得方は人によりそれぞれだろう。自分は、ネタなどまるでないのに、敢えて日々、小品という形で創造することを選んでいる。生きてある世界の尽きることなき豊かさ。それを感じてならないのだ。
 が、悲しいことに、その無尽蔵さを表現する力は、まるで足りない。それは、気の遠くなるほどの断崖絶壁を見上げているような感覚だったりする。絶壁を見上げるだけ、もう、気力が萎えそうになる。自分の力が及ぶはずが無いと、呆気ないほど明確に思い知らされるのだ。数十メートルの大波に立ち向かうサーファー、なんて思ってみたり。溺れることは、海の藻屑になり終わることは、初めから知れている…。
 それとも、本当は、見下ろしても、その最下点の見えない絶壁に立っている心境なのか。そう、本気になって表現するには、思い切って、その崖を飛び降りなければならない。命を賭して、その暗黒と灼熱の世界に飛び込まないといけない。身を捨てないと、得ることはありえない。
 つまりは、そこで問われているのは、勇気なのかもしれない。掌編などを書き散らしているのは、実は、絶壁を飛び降りる勇気が無いから、崖の上の岩場の壁面を、ちろっ、ちょろっと、掻き削って、そうして創造の真似事をして、目先を誤魔化しているだけじゃないかと、つい、思われてしまうのだ。
 存在というのは、不可思議極まるものだ。その存在を問わない限りは、そこにとても自然に、さも当たり前のようにして、在る、居る。が、一旦、その意味を問い始めると、もう、波の引くように、その体躯が消え去っていく。後ずさりしていく。遠ざかっていく。この<オレ>を置き去りにしていく。
 巨大な闇。真っ赤な口を開けた灼熱の世界。隔絶している、それでいて、つい、隣りにある際限のない世界。自分はその世界にいるらしい。あるいは、もう、とっくに溺れてしまっているのかもしれない。溺死しているのに、気付いていないだけなのかも…。
 豊かな世界をこれほどに、ヒシヒシと感じているのに、何一つ手出しができないというのは、あまりに悲しい。やはり、ドンキホーテを気取る訳じゃないけれど、幻の風車を追いかけていくしかないのだろう。

 さて、掲げた写真は、一昨日の朝、仕事帰りに近所で撮ったもの。可憐な花ばかりが小生を迎えてくれる。あと、小生を迎えてくれるものというと、先日、掲げた老いた白猫。昨晩、買い物に出かけたら、その白猫は、同じ場所に鎮座していた。ほぼ、一日中、坐ったままなのだ。別に小生などを気にかける風もない。でも、小生は、勝手に、奴は小生を見守ってくれていると思っている。
 ほかに誰もいないのだから、せめて奴だけは、と思ってしまうのだ。奴がいなくなったら、さぞ、寂しかろうと、今からもう、戦々恐々の心中なのだ。
 そういえば、小生には、「月と老い猫」という作品があったっけ。

 老い猫の 招き待つのは 闇だけか

|

« 小夜時雨 | トップページ | 燈火親し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ゼラニウムが鮮やかですね。
葵とも言いますね。我が家にもピンク、赤、白が
有ります。

ゼラニウム 数ある中で 赤一番!

白い猫 守り神かな よろしくね

投稿: さくらえび | 2004/09/26 01:37

 さくらえびさん、いつもながら、花の名前、教えていただき、ありがとうございます。
 ゼラニウムなのですね。別名、アオイ(葵)、テンジクアオイ(天竺葵)だとか。花びらの色だけじゃなく、形でも、いろいろあるらしい:
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Zeranium.html

 ゼラニウム 数ある中で 赤一番!  さくらえび
 
    ゼラニウム 眠れる心 燃やす赤   弥一

 白い猫 守り神かな よろしくね   さくらえび
 
    老い猫は 無事の帰りを 待つのかな  弥一

投稿: 弥一 | 2004/09/26 08:20

日々是好日 は一期一会と並んで良く見ますね。

ひびこれこうじつ 

私も にちにちこれこうにち と知った以後も

ひびこれこうじつの 読む方が多いです(声には出さないが)黙読です。

相田みつをさんの「雨の日は雨の中を風の日には風の中を」
を読んで以後、雨を嫌う度合いが大きく下がりました。

孤独の日は孤独の中を、絶望の日は絶望の中を
ひびこれこうじつ さ。

 割といい加減な健ちゃんでした。

投稿: 健ちゃん | 2004/09/27 06:15

 健ちゃんさん、こんにちは。コメントをありがとう。
 もしかして、今ごろ、もう、起きておられる? それとも、前夜の続きで未だ起きておられるのかな。
 小生も相変わらず、こっそり、「ひびこれこうじつ」です。意味合いも、いい加減なほう。
 相田みつをさんは、未だに読んでいないのですが、雨は好きです。昔は、雨になると、出かけられないとか、雨だとオートバイでのツーリングに行けないとか、嫌いでしたけど、年を取ってくると、むしろ、雨の日は穏やかに過ごせて気が楽だし、それ以上に雨の音が胸に響くようになってきた。ありがたいことであると同時に、どこか寂しいような気もします。

投稿: 弥一 | 2004/09/27 07:51

この記事も「日々是好日  意味」というキーフレーズでネット検索されアクセスがこの数日、多い。連日、10回ほどのアクセスがある。
読まれているかどうかは不明だけど。

あと、依然として「雪祭り」と「猫柳(ねこやなぎ)」もアクセスが多い。前者は日に30回ほど、後者は20回ほど。

投稿: やいっち | 2006/01/31 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/1515289

この記事へのトラックバック一覧です: 日々是好日:

« 小夜時雨 | トップページ | 燈火親し »