トップページ | 川柳とは »

2004/09/11

秋の気配

 昨日も、夜は暇だった。夜半の仕事で売り上げのアップを期しているのに、現実は厳しい。
 それでも、朝方になって、中距離、長距離のお客さんが付いたので、また、帰宅が遅くなった。
 そろそろ終わりという頃にお客さんが付くのは、嬉しいけど、辛い。嬉しい悲鳴ということか。
 掲示板にいろんな方が来てくださり、賑やかで、とても嬉しかった。
 けれど、出先なので、レスを付けられないのが歯痒い。
 さて、例によって、休憩(待機)中に川柳を作っていた:

(日中は、のんびり、まったり)
 秋の日の麗らかについ眠くなる
 微睡みを誘うがごとき秋日かな
 コオロギや虫の息まで聴く夜かな
(昨日も、仕事が暇だった。朝になって、ちょっと忙しかったけど)
 豊漁だ!仕事じゃなくて川柳が?! 
 ない袖を振り絞っての涙かな 
(未明に空を見上げたら、薄い雲が広がっていた)
 群雲(むらぐも)は天蓋覆う布団綿  
(タクシーの営業で)
 間違えた!でもそのほうが早かった?!

|

トップページ | 川柳とは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/1409607

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の気配:

トップページ | 川柳とは »