2020/01/25

トイレで本や新聞を読む心理

Mikan_20200125204201 ← 今日は晴れ。自転車で買い物へ。寒いのでマスクに手袋。マスクすると体感温度がまるで違う。ミカンの木。実がかなり鳥に喰われてる。残っている実の大半が喰われてるか、落ちている。我が家の庭のミカンの木からの収穫を今冬のようにまた楽しめるのは、次は何年後のことだろう。何しろ帰郷して12年で初めての豊作だったのだ。

 トイレで新聞や本を読む心理が分からないと呟いた。本などを読むと何が促進されるからかもと。思い出した。何か印刷のインクが作用するのかもという説が一時期、まことしやかに巷間に。だが!

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/01/23

「シルトの岸辺」を発見!

Silto_20200123210701  ← ジュリアン・グラック 作『シルトの岸辺』(安藤元雄訳 岩波文庫)「最大の長篇かつ最も劇的な迫力に富む代表作 宿命を主題に,言葉の喚起機能を極限まで追求し,予感と期待とを暗示的に表現して見せた」

 ジュリアン・グラック 作の『シルトの岸辺』を読了した。名作。本を漁りに書店に行き、ふと岩波文庫の棚で本書に目が行った。パラパラと捲って、いいという直感。知る人は知っているのだろうが、我輩には全く未知の作家で、まさに発見と言える。自分の真贋を観る目を褒めたくなる。
 本書の解説にもあるが、ブッツァーティ作の『タタール人の砂漠』 (岩波文庫)のカフカ的不条理を彷彿させるが、あのいい意味での素っ気なさを詩情溢れる情景描写や心理描写で、人の手にはどうしようもない運命の潮流に流され、避けがたい破局へ向かっていく様を丁寧に描いている。それなりに小説を読んできた吾輩だが、この味わいは初めて。年初からこんな作品に出合えて幸せである。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/01/22

超ド級SF劉 慈欣作『三体』を読みだした


Tuti_20200122204301  ← 河崎 秋子作『土に贖う』(集英社) 「北海道を舞台に描かれた全7編。これは今なお続く、産業への悼みだ――:」。カバー画:久野志乃「新種の森の博物誌」

 納屋(農作業小屋)に溜まっていた枝葉。本日たった今、一部を持っていってもらった。薪に使えるような枝を中心に。枝葉から葉っぱや細過ぎる枝を削ぎ落とす事前の作業に一時間、軽トラで引き取りに来た彼との枝の積み込み作業に一時間、都合二時間の作業だった。納屋の中の枝葉の山が半分に減った。ちょっとだけ、肩の荷が下りた気がする。
 お礼に庭のミカンを一袋あげた。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020/01/21

「土に贖う」を読んだ

Yuri  ← 庭先に百合(?)が咲いていた。名前、教えてもらったのに、忘れた。

 今朝からの雨も止んで、薄日に。いつ雨になるかもと、急いで自転車で買い物へ。帰宅後、例によって山茶花からの車道への落花掃除。向かいの家のどぶ浚い。グレーチングの下に落ち葉が溜まっていたので浚った。庭仕事は、軽く30分余りで切り上げる。昨日、歯医者さんで治療したし、今日は大人しくする。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/01/20

最後の1本に

Kyoki  ← アレックス・バーザ著『狂気の科学者たち』(プレシ 南日子【訳】新潮文庫)「科学発展の裏には奇想天外としか言いようのない実験数々があった。(中略)信念に基づいて真実を追究する科学者たちを描いた戦慄(と笑い)のノンフィクション!」

 カレー、一時期手作りに凝った。ビギナーズラックで、たまたま作ったら上出来だっから。あれこれ工夫していったら、段々目も当てられないカレーに。今は、身の程を知ってインスタントオンリー。リッチなカレーが食べたくなったら、二袋にしたり、ホタテ貝柱を足したり、最小限の手間で。

 年初からシャワーの際、シャンプーを使わず、お湯だけ。頭髪頭皮ともすこぶる快調。痒みもフケも以前より格段に減った。やはり、シャンプーは不要だし、むしろないほうがよかったんだ。体にも石鹸も何も使わない。シャワーなどだけ。垢擦りも回数を減らした(入浴の回数が減ったからだが)。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«胃カメラは嫌だ! バリウムは嫌だ!