2020/09/26

雨が空から降れば…

Hotaruga ← アゲハチョウは目にするものの、撮影できず。代わりというわけじゃないが、何とかという喋々(蛾?)を撮った。名前、過日 教えてもらったのに、忘れた。とSNSで呟いた。すると、ホタルガだと教えてくれた。

 一昨日の夕方、前日の庭仕事のご褒美とばかり、十日ぶりの銭湯へ。いつものよふに自転車で。湯に火照って、さあ風に髪を乾かしながら帰ろうと、外を観たら 雨。自転車も哀れ、グッショリ濡れている。屋根のある駐輪場はあるのだが、そんな必要などあるまいと、枠外へ。サドルを濡れタオルでひと拭き。傘があるはずもなく、その濡れタオルを頭に被り(意味ある?)家路を急ぐ……のも癪なので、いつもの公園脇の道をのんびりと。もう、開き直りである。季節はとっぷりと秋。秋のややひんやりした小雨の風情をしみじみ味わうことができた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/09/24

コロナ禍を奇禍として

Enokor ← 我が家の庭にエノコロを探したが見付からず。近所の雑草のエノコロを撮った。我が家の庭にも生えてきてるんだろうが、小さいうちに毟しるから育ちようがないか。

 昨日は発電所見学ツーリングに行ったので、今日は午前中は庭仕事。ほとんど草むしり。驚いたことに、隣家同士の間に植えた覚えのない、謎の木が育っていた。隣家の一軒は、我が家の親戚。その家の方は庭木の剪定などしない。吾輩がやるしかないか。隣家の鉄柵に枝葉がぶつかっている。草むしりの作業を中断して、枝葉の伐採作業。二時間ほどの作業で汗だく。さすがに気温が高くなくて、作業の途中、眩暈することはなかった。作業後、シャワーを浴びたのだが、水(水分)をがぶがぶというほど飲むこともなかった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/09/23

思いがけず音沢発電所へツーリング

Oto2 ← 秋 風のない晴れ。ツーリング日和。宇奈月温泉へ至る途中にある、道の駅にある「うなづき友学館」へ。展覧会。が、なんと休館日。月曜が定休(それはホームページで確認した)だが、祭日の翌日も休みなんだって(そこまでは見てなかった)。ショック。せっかく遠くまで来たのに、すごすご帰宅するのも悔しい。何処か訪ねるところはないか。

 上記したように秋の快晴無風という絶好の天気に恵まれた。これはツーリングに行くしかない。約一か月ぶりだ。
 帰宅してからは、夏目漱石と井波律子の両氏の本をじっくり読む。漱石は、書簡の部に至っている。若い弟子(?)たちを叱咤激励する漱石。勝手に励まされる思いで読んでいた。井波氏の書評集は、読むほどに自分の無知さ、未読の書の多さに絶望的な気分になる。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/09/21

秋への入り口に立つ

Kojiki ← 三浦佑之著『古事記の神々 付古事記神名辞典』(角川ソフィア文庫)「神々はどこからきて、どこへ行ったのか。最古の歴史書に隠された謎に迫る。なぜ出雲神話は詳細に書かれたのか? なぜヤマトタケルは悲劇の英雄なのか? 古事記には「滅びゆく者を見守る」思いがある。そこに記された敗者たちの記録とは。」

 例の漬けてから十数年かそれ以上の梅干し。昨夜半、カップ麺(ソバ)の付け合わせに食べた……煮詰まっているというか、塩っ辛い! しょっぱい! 酸っぱいより塩味ばかり。塩漬けしたみたい。心配なので、念のためふた粒だけ。食べてから八時間ほど経過して生存してる。(告白:ふた粒は無理だった。小さな欠片をかじっただけ。それでも、悲鳴。やはり、せめてご飯と一緒に!)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020/09/19

秋色の庭になりつつある

Nebul_20200919202601 ← ネーブル。今年も豊作。苗木を植えた年から実が数個生ってびっくりした。で、いつ収穫したらいいのか。まだ、一度も収穫してないの。

 (プルタブの話題が読書メーターにあったので)余談だが、プルタブの缶詰を開けて(開けようとして)、過去、3回、右手の親指(腹)を切った。血がぽたぽた垂れた。3回とも、ウズラの卵の缶詰。なぜ?

東大が中国勢より下位に…上海の研究者が見た、大学ランキング・日本「一人負け」の原因」なる記事を読んだ。
 研究力低下の原因は何か? その大きな要因は、研究費配分における「選択と集中」政策と「国立大学の法人化」にある。基礎研究を政治家や役人に選別させちゃいけない。大学などで、差し迫った課題に応える研究も大事だが、基礎研究は将来へ向けてある意味もっと大事。何が将来役立つかなど、誰にも分らない。ノ研究費ーベル賞などの大切な研究となると、なおさらだろう。紐付きじゃない研究費などの資金を大学に投入すべきだ。法人化など馴染まないのではなかろうか。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«「二百十日」のシュールな味わい