2018/11/15

虚実皮膜の自伝

246526

← 篠田 鉱造 著 『増補 幕末百話』(岩波文庫) 「幕末維新を目のあたりにした古老たちの話は想像もつかない面白いことずくめ.日本社会の激変ぶりを語る実話集」、さらに、「明治も半ば,篠田鉱造(1871-1965)は幕末の古老の話の採集を思い立った.廃刀から丸腰,ちょんまげから散切,士族の商法,殿様の栄耀,お国入りの騒ぎ,辻斬りの有様,安政の大地震,道具の投売……幕末維新を目のあたりにした人々の話は,想像もつかない面白いことずくめだった.日本社会の激変期を語る貴重な証言集」とか。

 篠田鉱造著の『増補 幕末百話』を読み始めた。幕末など江戸時代もの、明治や大正、昭和の初期の思い出話や実話風な本を読むのが好き。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/13

山茶花が早くも咲き誇る

1542006556544496

← 南天の実。南天は、まともに育つと、4〜5mほどに育つとか。ただ、高さ2メートル……人の背丈ほどに伸びたら、切らないと縁起が悪いと言われている。幾度か親戚の人に言われたことがある。なので、我が家の南天も縁起物ということで、家の四方に植えられているが、2メートルほどになったら、せっせとカット。もう、煩く言う人はあまりいないし、そもそも世間の評判を気にしても何もならない。庭には四方以外にも、数本の南天の木がある。一本くらいは、好き放題に育ててみようかな。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/11

野間宏『真空地帯』を読み始めた

1541848363088660

→ 庭仕事の成果。……これでもほんの一部。納屋にはまだまだ枝葉が山盛り。撮影したのは、五時過ぎ。もう、真っ暗で、スマホ撮影したら、フラッシュが。それにしても、秋晴れの今日、庭仕事だなんて、野暮というか、勿体ない過ごし方だ。こんな日は、日中に読書するのも、何か間違っていると感じたりする。

 昼間だったか、トイレの窓を開けたら、何やらザーという音。雨音? でも、空は雲が多いとはいえ、青空も垣間見られる。天気雨ではなさそうだ。洗濯物も、今の内と、干したし。この音、茶の間で、ポットで湯を沸かす音にも似ている。でも、外から聞こえる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/10

「ロボットの脅威」と移民問題

Robot

← マーティン・フォード著『ロボットの脅威―人の仕事がなくなる日』(松本剛史 訳 日本経済新聞出版社) 「ロボットの脅威 日本経済新聞出版社」によると、「シリコンバレーのソフトウェア開発ベンチャー創業者としてITに通暁する著者がAI、ロボットの普及と、人間の職、雇用との関係、ロボット時代の経済についていち早く警鐘を鳴らした名著。関心を集める「AIと人間との関係」についてじっくり考えるうえで役立つ視点を提供」といった内容。

 マーティン・フォード著の『ロボットの脅威―人の仕事がなくなる日』を読了した(金曜日)。再読である。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/09

『テンペスト』……野蛮で奇形の奴隷

1541652172214695

→ 快晴なので、神通川の堤防をドライブしてきた……ま、仕事だけど。立山連峰の眺望、まずまず。あの山々の天辺を誰かしら踏破してるんだなー。父も若い頃、登山を楽しんでいた。登山靴、今も押入れに。この呟きをメモっていて、そういえば、父に登山の思い出などを聞いたことがないと、気づいてしまった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«詩とは……マルクスの自殺論