2019/06/16

刹那の愛への誘惑

212911_xl ← チャールズ・ブコウスキー/著『町でいちばんの美女』(青野聰/訳  新潮社) 「酔っぱらうのが私の仕事だった。救いのない日々、私は悲しみの中に溺れながら性愛に耽っていた。倦怠や愚劣さから免れるために。私にとっての生とは、なにものも求めないことなのだ。卑猥で好色で下品な売女どもと酒を飲んでファックする、カリフォルニア1の狂人作家……それが私である。バーで、路地で、競馬場で絡まる淫靡な視線と刹那的な愛。伝説となったカルト作家の名短編集」

 検診で血便が指摘され、近く精密検査へ。気が重い。
 そこへ、今日、突然、身内の者の訃報が。つい先日、町内会の件で立ち話したばっかりだったのに。

 チャールズ・ブコウスキー作の『町でいちばんの美女』を一昨日から読み始めた。前にも書いたが、「町でいちばんの美女」という作品一作の本だと勝手に思い込んでいたが、本書は短編集であり、冒頭の一作だけが表題なのだった。ずっと美女に絡む世界に浸れるかと期待していたのだが。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/06/14

意識の系脈を辿る

41fouaimcl__sx342_bo1204203200_ ← 『ドストエフスキイ前期短篇集』 ( 米川 正夫訳 福武文庫) 「初恋」「クリスマスと結婚式」「ボルズンコフ」「弱い心」「鰐」所収。

 今日は、書類仕事に神経を費やした。公共料金の引き落としを、給料振り込みが変わったことに伴い、変更するための書類作成というわけである。前の銀行は、大学に入った当初からの付き合いなので、あと数年で50年となる(口座そのものは残す)。
 今の会社に入った際、なんとなく地元の銀行がいいかなと思ったのだが、引き落としの口座は前の銀行のまま。だから毎月、おカネのやり繰りに神経を使った。何とかしなきゃと思いつつ、腰の重い吾輩のこと、ズルズルと8年も経過してしまった。もうさすがに先延ばしはまずい。しばしば口座におカネが足りなくて、引き落としできませんでしたという通知が来る!

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/06/12

消えゆく白鳥神話系神社へ

51qwqg2odwl ← 谷川 健一 (著)『白鳥伝説〈下〉』 (集英社文庫)    

本書を読んで、有名じゃないけど、謂れのある神社をたくさん知った。地元でも経緯の忘れられつつある神社の数々。物部や蝦夷に関わりのある神社を訪ねて回りたいな。東北には多いらしいが、富山にもあるかもしれない。全てが朽ち果ててしまう前に調べないと。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/06/10

日本の国石「ひすい」!

1560146177415236  ← 昨日、刈り落とした杏や栗、キウイフルーツなどの枝葉。納屋に山積み。まだまだ山がフルへッヘンドする。葉っぱは枯らして堆肥に、枝は捨てるしかない。夢はペレットストーブなのだが。

 透明な食品トレー。今は、資源ゴミということでスーパーへ。すると、燃えるゴミに出す量(ボリューム)が随分と減った。
 それはいいけど、トレーに貼ってある紙は剥がして出すようにって。
 その紙がなかなか剥がれない。剥がせという以上は、剥がしやすい工夫をしろっていいたい。ちなみに、透明じゃない白いトレーもスーパーに戻すと、燃えるゴミの量はさらに格段に減る。ほとんどが紙類になるからか。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/06/09

皐月の小道

1560075137760592  ← 雨にぬれそぼつホタルブクロ。

 ジェイムズ・エルロイ作の『わが母なる暗黒』を読んでいる。
 600頁近い。全編、犯罪絡み。しんどい。犯罪大国アメリカ。中でもロスとなると、そりゃまあ犯罪の坩堝。ある一章は、生涯デカを通した男の捜査歴。ろくでもない犯罪者のオンパレード、猟奇犯罪、些細なことが契機での夫婦間、親子間の殺人事件、平気で犯罪に手を染め子供に手伝わせ、あるいは娘を犯す奴等。薬物は蔓延。カネ絡みは言うまでもなし。そんな中で全うなデカを貫けるのは至難。大概、何処かで神経を病むし、家庭は崩壊。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«日傘男子……外仕事には常識なのかも