2019/12/13

柿の実はどこへ消えた

Mikan2  ← 本日の収穫。まだまだある。せっせと食べないと、落ちちゃう。ミカンの様子を見ると、鳥たちの啄んだ跡がまざまざと。が、皮に跳ね返され、諦めたのだろう。

 モミジ、見事ってほどじゃないけど、紅葉している。モミジはもう一本ある。なぜか紅葉する前に葉っぱはほとんど散ってしまった。
 今日の昼前だったか、茶の間からふと庭を眺めたら……なんと、柿の実が一個も見当たらない。あの朱色がない。一昨日は幾つもあったのに。鳥たちが啄む様子も見えた。一個残らず食いつくした?

 午後、庭や畑仕事。草むしりを少々と、数日前伐採した畑の果樹の枝葉拾い。拾っては納屋へ。
 昨夜、FMで沢田研二の特集があった。久しぶりに聴く。大人の歌、大人の世界。吾輩とはまるで違う世界のことだけど、じっくり聴き入った。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/12/11

あんなやつらに負けるわけにいかない!

Bacon ← デイヴィッド・シルヴェスター 著『フランシス・ベイコン・インタヴュー』 (小林 等 翻訳 :ちくま学芸文庫)「二十世紀を代表する画家ベイコンが自身について語った貴重な対談録。制作過程や生い立ちのことなど。『肉への慈悲』の文庫化」

 今日は昨日以上に暖か。風もないし、絶好のツーリング日和。でも、明日も仕事だし、町内会の雑用(初穂料の集金業務など)をこなした。
 明日はまた一気に寒波が襲ってくる。週日の雨との予報も。

 デイヴィッド・シルヴェスター 著の『フランシス・ベイコン・インタヴュー』を昨日から読み始めた。『肉への慈悲』が刊行された際、読んでいた。見逃すはずがない。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/12/09

芥川に続け

Tubaki  ← 椿じゃなさそう。サザンカかな。冬の間ずっと我が目を楽しませてくれる。

 頃、庭を散策。生垣である庭木を観て回る。先月かなり思いきって剪定したのに、枝葉が延びて家の壁や出窓の廂を擦るほどに。バラなどは新しい枝が車道にはみ出している。慌てて剪定開始。そこへ隣の畑の所有者が。野菜(ネギ)をあげるよ、なんて話しかけてきた。察するところ、一昨日、隣家の畑に面する我が家の畑の栗の木などの枝葉を大胆に剪定したことに気付いたのだろう。これで落ち葉に悩まされることもなくなったし。その謝意を示そうとしているのかも。前にもそんなことがあったし。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/12/07

富山の中高年男性は日本一の運動不足

Mikan_20191207203901  ← ミカンを幾つか捥いできた。甘酸っぱい。

 今日は休み、昨日の予報はややよい方に外れ、晴れ。買い物を済ませて、そのままの格好で庭仕事。というか、畑仕事か。
 栗の木、キウイ、杏などの果樹の剪定。高枝切鋏で延びすぎた枝葉をバッサバッサと。枯れ葉が近所の畑に舞い散るのを防ぐ、というのが目的。自宅の畑や庭に落ちるなら、そのうちまとめてやればいい。でも他人に迷惑をかけるわけにいかない。想像以上に重労働。なぜならほぼ終始両腕を上向きに伸ばしっ放し。首も上向き。首筋が変。ご褒美は庭のミカン。まだ一杯生っている。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019/12/06

通販の品物が届いたはいいが

Hatuyuki  ← 寒い! 富山市の平野部もうっすら雪化粧。初雪としては早くも遅くもないのかな。家の中が寒いのが辛い

 初雪は雨に変わり、一時はザーという強い降りに。ま、例年ならこれが雪だったはず。雨でまし。しかも、午後には薄日も。
 チャンス。自転車を駆ってスーパーへ。当分、お粥かお茶漬け中心の食事になるので、ご飯やお茶漬けの素など買ってきた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«せっかくのピルケースも……