2024/05/29

柴ストーブ活躍!

 ← 庭先…初めてのアングル。というか、この辺りの皐月が開花したのは、帰郷して16年で初めてかも。 (05/28 20:24)

 昨夜(27日の夜)、久しぶりに入浴。今月2回目かな。今夜はどうする。昨日は暖かだったけど、今日は寒い…脱衣場の寒さは耐え難い。シャワーも寒いと億劫。 (05/28 20:19)

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/05/28

シャモワゾー著『カリブ海偽典』に撃沈中

 ← 画像は、我が家の庭の旬の野草の一つであるホタルブクロ。雨が似合う。その他、紫露草、皐月などが元気。紫露草は、まるで朝顔みたいな開花。 (05/27 17:48)

 十数年…20年以上か…家のあちこちにあった造花を処分。恐らくは嘗て我が家で葬儀した際の仏花の名残り。ちゃんと花瓶に。片付けられないまま、置き去りに。捨て去るのに忍びなく放置してきた。埃の凄まじさ。いっそのこと庭の隅っこに植え付けようか。季節外れの菊やら菜の花やら色とりどり…遠目には百花繚乱に見える? (05/27 17:47)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/05/27

フライングタマ!

  ← 今日の皐月ロード。 ここまで来るのに十数年を要した。 (05/25 23:55)

 自宅では相変わらずパトリック・シャモワゾー著『カリブ海偽典 (最期の身ぶりによる聖書的物語)』(塚本昌典則訳 紀伊國屋書店)と共に、ブライアン・グリーン著の『時間の終わりまで 物質、生命、心と進化する宇宙』(青木薫訳 講談社)ゆっくり読んでる… けど、今月中に読了かも。 今日目にした箇所で、前回読んだ時も感激した記述に遭遇…。 万能の溶液 水の不可思議にはいつもながら驚嘆。 だから、水なんだ。 (05/25 23:55)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/05/24

ブライアン・グリーン再び

 ← 庭のあちこちにワラビが。その発端は台所直下の水場脇。伸びた葉っぱを育っては千切って庭に撒き散らした。だから方々にワラビが育ってしまった? (05/23 18:51)

 パトリック・シャモワゾー著『カリブ海偽典 (最期の身ぶりによる聖書的物語)』(塚本昌典則訳 紀伊國屋書店)…本書…気が付けば半ばに。5合目かな。来月早々には登頂となりそう。 (05/23 18:59)

(頂いたコメントに)マルケス「百年の孤独」、アジェンデ「精霊たちの家」、パワーズ「黄金虫変奏曲」などを初めて読んだ時の困惑を思い出してしまいます。でもいずれも文学界に屹立する傑作群。本作もパワーを感じます。だからこそ読める。 (05/24 02:52)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024/05/23

庭のあちこちにワラビが

 ← ワラビ(?)…我が家の庭あちこちに。繁殖力旺盛? 収穫して食べる? 庭には、ワラビにドクダミなど。 (05/21 17:49)

 仕事のほうは恐ろしいほど暇。コロナ禍の町中を再現するような不況ぶり。来月は電気代も急騰するとか。いよいよ不況に?

「原発は再エネより高い」専門家が国会で示したデータ | 環境エネルギー最前線 | 川口雅浩 | 毎日新聞「経済プレミア」」 (05/21 17:44):

» 続きを読む

| | コメント (0)

«やっぱり寝落ちした